春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効

春は陸っぱりからのエギングでアオリイカが狙える季節!産卵のために岸に寄ってきた大きいアオリイカも釣ることも夢ではない。今回はそんな大型の価値ある1匹をゲットするための攻略法を紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

春のアオリイカ

例年よりも早い桜の開花宣言が出され、気温の上昇とともに草木も芽吹き始めた今日このごろ。

いよいよ陸っぱりでアオリイカを狙えるシーズンがやってきた。

これから狙えるのは冬の間産卵のため沖の深場で体力を蓄えていたイカたち。水温の上昇に合わせ、ひと潮ごとに岸近くのウイードエリアへと集結してくる。

春アオリのエギングタックル

タックル例

この時期のアオリイカは比較的沿岸近くのシャローで釣れるのだが、ポイントによっては遠投が必要になる。

遠投の効く8~9フィートクラスのエギングロッドがお勧めで、できるだけ持ち重りのしない軽量なロッドを選択しよう。

リール

リールは2500~3000番クラスのシャロースプール(浅溝)タイプのスピニングリールで、ドラグ性能のいいものをセットしよう。ハンドルはシングルでもダブルでも、使い慣れたものでいい。

ラインとリーダー

ターゲットが大型のイカになることや、ウイードエリアを中心に攻めることが多いので、PEラインの0.6~0.8号を使う。視認性が良く、強度のあるものを150~200mほど巻いておこう。

リーダーはフロロカーボンの1.75~2号を1~1.5ヒロほど取り、強度のある摩擦系ノットでPEラインと結束しよう。リーダーとのジョイントにスナップを付けておくと、エギの交換が楽に行える。

使用するエギ

エギに関しては大型のアオリイカを狙うので、3.5~4号を選択する。

カラーはナチュラル系のもの、ピンク、オレンジ、チャートなど派手カラーやダーク系のものを使い分ける。最近は各メーカーからいろいろなデザインやカラーのエギが発売されているので、自分で気に入ったものを使うことから始めよう。

タイプとしては、シャローのウイードエリアをメーンに攻めていくので、スローシンキングのシャロータイプとノーマルのエギを中心に使う。

エギのローテも重要

その他のアイテム

エギや小物を入れておくショルダーバッグやウエストバッグのほか、海中の観察と目の保護のための偏光グラスは必須。

また大型のイカを取り込むためのギャフやタモなど。

他に万が一の落水に備えて、ライフジャケットも必ず着用するようにしよう。

狙うポイント

基本的にこの時期のアオリイカは、オス・メスのペアから数10匹の群れでいる。産卵のためシャローのウイードエリアを意識しながら沿岸域を移動しているので、狙うポイントは当然絞られてくる。

ディープでも釣れるが、比較的岸近くのシャローまで接岸してきているので、周囲にホンダワラやアマモなどウイードが茂っている堤防や藻場、テトラ帯やサーフなどが有望ポイントになる。底が砂地でも産卵床となるウイードがあればいいポイントになる。

シャローの藻場

この時期、釣り人が思っている以上に岸近くまで寄っているので、釣り座の足元や湾奥部のシモリが点在する水深1mほどのドシャローに、大型のイカが群れで漂っていることもある。

「え、こんな所にいるの?」と思うような超ドシャローを観察し、イカを探してみるのも面白いだろう。

次ページで釣り方解説