ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】

「もしかして?」そんな夢を抱き地図と睨めっこするのも楽しいもの。4月8日夜、釣友の大西君と淡路島南あわじへメバリングをしに向かった。今回のフィールドは、気になっていた仁頃漁港だ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

時合いは突然に!

少し潮が動き出したので、ジグ単を潮上にキャストして得意のドリフトでアプローチしていると、フッ!とジグヘッドの重さが消える。瞬時にフッキングすると、勢いよくロッドが曲がり激しく魚が暴れ始める。先ほどまでのチビメバルとは引きが雲泥の差。この引きを待っていた!

魚を弱らせてランディングに持ち込むが、ここで問題が発生!水面から堤防まで距離があるのだ。メバルのサイズは25cm以上、ジグ単専用ロッドにラインはフロロ2lbでは引き上げる際に魚が暴れるとバレてしまう。

ヒットパターンをつかみ、次々と良型サイズのメバルをヒットさせていくが半分ぐらいしかキャッチできなかった(涙)。やはり、この時期はタモが必要だ!

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】良型メバル

最終釣果

周囲が明るくなり始めた。合流した大西君、何と魚を全て締めてしまったらしい!急いでガシラを1匹釣ってもらい写真を撮ってストップフィッシング(笑)。

この時期特有の短時間の時合いではあるが、27cmを頭に25cmオーバーの良型メバルをかなりゲットできた。大西君は憧れのプラッキングメバルもたん能し満足の行く釣行となった。

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】ガシラを一緒に

帰り支度の際に地元漁師の方とお話したが、漁港では漁網の修繕やヒジキの天日干しなどで広く使うことが多いそうだ

駐車の際にはくれぐれも作業の邪魔にならない場所を考えて頂きたい。重ねて騒音・ゴミ問題などマナーを守って釣り場を大切にして頂きたい。

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について 仁頃漁港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。