ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】

「もしかして?」そんな夢を抱き地図と睨めっこするのも楽しいもの。4月8日夜、釣友の大西君と淡路島南あわじへメバリングをしに向かった。今回のフィールドは、気になっていた仁頃漁港だ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日のタックル&リグ

ナビに頼りながら無事到着、急いで防寒着に着がえタックルをセットする。この日のタックルは、ロッドが月下美人EX AGS610LS-SMT-E、リールがイグジストFC LT1000S-P、ラインは月下美人ラインTYPE-F(フロロライン)2lb、ジグヘッドはTG月下美人SWライトジグヘッドSS0.5g~2g、ワームは月下美人ビビビーム1.5inchとした。

地方からの2本の堤防と、護岸にサーフ、そして2本の沖堤防から成り立つ仁頃漁港。事前に航空写真で漁港全体のイメージは確認していたが、まずは常夜灯周辺からサーチしていく。もちろん本命はメバルだが、時期的にアジの姿も見られないかと期待が膨らむ。

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】当日のタックル

チビメバル連続ヒット

着水後10カウント数えてリトリーブ開始!するとコツン、コツン!すぐに生命感のあるアタリがロッドに響く。

ジグヘッドをひったくるような強いアタリではないので、少し間を置きながらソフトにフッキングしてみた。同時にロッドが曲がり魚の引きが手元へと伝わる。ファーストフィッシュは10cmほどのチビメバル。

今回の釣行も、事前情報は収集していない。初のフィールドで、まずはメバルが居たことがうれしい。常夜灯の光でできる護岸との明暗部や、徐々に深くなるブレイク付近など、メバルの好む基本的なポイントにジグヘッドをトレースさせると、すぐに元気なアタリがロッドに響く。しかし、釣れるのは10cm前後のチビメバルばかり。ジグヘッドを1gにかえ少し沖を狙うが、良くて15cmサイズのメバルとサイズは伸びなかった。

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】サイズアップを狙う
ただ、滅茶苦茶釣れる(笑)。魚へのダメージを考え、ジグヘッドのフックのカエシを潰しバーブレスにして狙うが、連続ヒットも珍しくなく、すぐに30匹ほどのチビメバルをゲットした。

ポイント移動でガシラ

「君たちの親はどこ?」全て優しくリリースし、ポイントを堤防へとかえた。小さな港なので、近距離でダイレクトに船の通り道「ミオ筋」を狙える。開始早々から、アタリはあるのだが15cm~20cmのガシラばかりがヒットした。

ジグ単メバリングで25cm級連発 時合いは突然に【淡路・仁頃漁港】次第に型もよくなってきた

今回は、干潮から上げへのタイミングを狙うため、これからの時間に期待が膨らむ。

フロートリグでもアタリなし

沖の方がいいのかと考え、フロートリグをセットしたタックルにかえて遠投しながら広く探っていく。最近、少しマイブーム的になっているフロートリグ!少し改造を施しセッティングがてらに使っているが、ガツガツ!とかグィ~ン!得意のジグ単とは異なるアタリが最近楽しくて仕方ない。

だが、この日は期待も空しくそんなアタリもなかった。

一方、大西君はサーフポイントへ!最初はフロートリグで狙っていたが、水深が浅く根掛りに悩まされていると電話が入った。行きの車中でメバルのプラッギングを説明していたこともあり、シャローレンジが得意なプラグをいくつか勧めてみた。

次ページで時合いは突然に!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。