オフシャロゲーム春の釣り方解説 全員2ケタ安打の実釣レポートも

オフシャロゲーム春の釣り方解説 全員2ケタ安打の実釣レポートも

春の乗っ込みシーズンが開幕。今回はオフシャロゲームの攻め方を解説しよう。実際に乗っ込みを体験した釣行レポートもあわせてお届け!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ガイドサービスセブンで出船

3月18日、春の季節風の影響で晴れ間があるがここ1週間近く海況が悪く出船が叶わずアングラーとしてはストレスに。そのすきを突いて、前日にガイドサービスセブン宮崎船長から「昼くらい波が落ちそうなので状況を見に行きませんか。」と連絡を頂き、午前11時に北九州市・小倉港から出船となった。

オフシャロゲーム春の釣り方解説 全員2ケタ安打の実釣レポートもタックル図

相乗りという形になったが船長の急な誘いに誘惑された顔なじみの平良さん、山下さん、永井さんに、我が娘というメンバー。和気あいあいと作戦を話し合いながら今回ガイドサービスセブンの新型ジグMAKIE(マキエ)を主体にオフシャロ(オフショア+シャロー)ゲーム。

上手く行けば身が引き締まったマダイや、ここ早春でも最近オフシャロで釣れているイサキに出逢えるかも知れない。

他魚種がヒット

まずは1時間走って50mラインからスタート。

干潮近くの引きが良く効いており微風とともなり80gのマキエをセレクト。娘はセブンスライド(タイラバ)80gで開始。マキエグループにはレンコダイやエソがヒット、その後一気に山下さんのロッドが円を描いてファイトしだした。

特大ヒラメか?と皆が期待したが上がって来たのはサメ!山下さんらしく笑顔でやり取り。

その直後に私の娘が、リールのハンドルが負けない~と悲鳴。

ドラグを少し締め込み上がってきたのは60cmオーバーの立派なマダイ。

嬉しそうに写真を1枚。私も親バカである。

オフシャロゲーム春の釣り方解説 全員2ケタ安打の実釣レポートも良型のマダイをゲット

イサキ連続ヒット!

干潮になり潮が緩んだので大移動し60mラインに到着。海鳥がいっぱいいて海の中はイワシのウロコがキラキラしている。魚探にはベイトがいっぱい。ここから、マキエでのオフシャロ劇場が始まった。

マキエを落とすと20~30mくらいでラインが出ていかなくなり底を取る前にベイトそっくりのマキエにイサキが食らいついているようで、娘を除きヒット連発。

娘はタイラバのためかヒットしなくて焦っている。素早くタックルを取り上げマキエにチェンジ。その娘の1投目からイサキがガツンとヒット!ホッとしたのか笑顔が弾ける。

初心者の娘でもマキエの効果でいとも簡単にイサキゲット。本当にリアルな形であるマキエに私も改めて脱帽。また、イサキの型も良く、中には45cm以上はあるかという個体も。よく引くし、やはりイサキは楽しい。

これぞオフシャロというイサキフィーバーになり、本当に全員が1投ごとにヒット。船の中はイサキもアングラーも活況状態に。

次ページでオフシャロ最終釣果発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。