サビキメバルで数は出ずも25cm超えの良型多数【三重県・仁洋丸】

サビキメバルで数は出ずも25cm超えの良型多数【三重県・仁洋丸】

いまいち盛り上がりに欠ける今シーズンの鳥羽近辺のメバル釣り。何度か釣行して貧果というわけではないものの、釣り人の性(さが)というか一番良かった光景が忘れられない。知れ渡る不調を知りつつあえてのメバル釣行。勇気があるのかバカなのか。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

今後の展望

鳥羽名物ハリ数いっぱいのメバル満艦飾はできなかったが、悪条件でも口を使う大型に狙いをシフトした仁洋丸船長には脱帽である。

釣れたメバルの大半は肩の盛り上がりがまだまだで、産卵から完全には回復しきっていないようだ。

ということは、動物性のエサが豊富にわく春4月、爆発の可能性、大いにあるね!来月は爆釣してみせる!

サビキメバルで数は出ずも25cm超えの良型多数【三重県・仁洋丸】当日の釣果

<週刊つりニュース中部版 APC・峯卓 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
仁洋丸
出船港:赤崎港
この記事は『週刊つりニュース版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。