アジングタックルでボートキス釣り 22cm頭に42尾【三重・海山】

3月24日、レンタルボートでキス釣りを楽しもうと、釣友の内田さん(ウッチー)を誘って、三重・紀北町の海山へ出かけた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

シロギスの釣況

海山は尾鷲湾に合流する引本浦のさらに奥に位置し、三方を山に囲まれていて、強風が吹いてもボートがよく流れるくらいで、荒れることのない海域

例年この時期には良型のキスが揃うのだが、今年は水温がやや高いのか10cmほどの小型も交じっている。

ボートの機動力を生かして、ポイント移動を繰り返し、キス独特のブルブルとした大胆なアタリと小気味いい引きを味わう算段だ。

早々に17cmキス!

市販仕掛けでも十分

到着後、レンタルボートの受け付けを済ませ、午前6時30分に桟橋から出船。バッテリーで動くエレキ船なので静かで快適。尾鷲湾引本浦の湾奥部に位置するので波気がなく、まるで湖を滑っているかのよう。

桟橋から見渡せる範囲一帯がキスのポイントなので、遠くまで行く必要もない。ボートを流しながら少しずつ場所をかえていき、キスの群れを探っていく。

すると幸先よくコンッというアタリの後に、穂先が絞り込まれて17cmのキスが釣れた。朝日に照らされたパールピンクの魚体はいつ見てもため息が出るほどきれいだ。

アジングロッド流用でOK

アジングロッドで活躍だ

今回は感度のいいアジング用のカーボンロッドで挑んだが、キス専用ザオでなくても2m前後のルアーロッドで代用は可能。

アタリが取りやすい上にバラシも少ない。

選ぶ時の注意点は、狭いボートの中で取り回しが良い様に短めの竿を選ぶこと。

これに市販の仕掛けをセットするだけで、もう釣りができてしまう。このお手軽さがボートキスの魅力。

また遠投する必要もないからファミリーフィッシングにも最適だ。

コンスタントにヒット!

釣り始めは風が弱かったので軽めのオモリで底をたたいたり引いたりして、誘いをかけながらキスにアピール。立て続けにヒットはしないものの、コンスタントにサオを曲げて楽しませてくれる。

同行のウッチーも同じように釣れて退屈はしないようだ。

アタリが遠のけば場所移動をして、また別の群れを探す。キスが釣れればその筋をまた流して、連発するようならアンカーでボートを固定して重点的に攻めるといった釣りを繰り返して数を稼いでいく。

昼ごろには一時的に風が強くなったので、オモリを重くしたり、アンカーを下ろしたり上げたりと対応に追われた。しかし、午後にはまた風も収まり、海上は穏やかに。

22cm筆頭に42尾!

そんな中、ウッチーのサオを大きく曲げたのは、22cmの良型キス。帰港時間の午後4時までアタリは続き、42匹の釣果で無事お土産確保。

海山ではこれからも良型が狙え、水温が上昇してくれば数が望める。免許不要のエレキ船は、誰にでも手軽で快適に釣りができるのでオススメ。連休ごろには3ケタ釣りも可能なほど、キスの魚影が濃い釣り場だ。キスの他にはアジや根魚も楽しめる。

<大西与志夫/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣船について
海山フィッシングセンター
出船場所:三重県北牟婁郡紀北町矢口浦