タイラバで良型マダイ&アオハタ 狙いタナがキモ!【和歌山県・南紀】

タイラバで良型マダイ&アオハタ 狙いタナがキモ!【和歌山県・南紀】

3月前半に南紀・周参見の第八大洋丸へタイラバに出かけてきた。3月に入って春の気配も出てきたのだが、そこはかわりやすい春の天候、一時的な西高東低の冬型気圧配置になって北風が強いあいにくの海況の中での釣行となった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ゲスト多彩な南紀!

当日はあいにくの海況で波風があり非常に釣りづらい状況ではあったが、コンスタントに魚が釣れて非常に満足できる内容であった。

天候さえよければ魚のストック量は膨大な海域なので、タイラバでかなりエキサイティングなゲームを楽しめるはずだ。

また、ゲストも多彩で何が釣れるか分からないビックリ箱のような楽しさもある。ぜひ皆さんも近畿のラストフロンティアな南紀に出かけてみられてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース関西版 APC・主原剛/TSURINEWS編>

▼この釣船について
第八大洋丸
この記事は『週刊つりニュース関西版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。