タイラバで良型マダイ&アオハタ 狙いタナがキモ!【和歌山県・南紀】

3月前半に南紀・周参見の第八大洋丸へタイラバに出かけてきた。3月に入って春の気配も出てきたのだが、そこはかわりやすい春の天候、一時的な西高東低の冬型気圧配置になって北風が強いあいにくの海況の中での釣行となった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタイラバタックル

他の海域なら出船すら難しい北よりの強風ではあったが、南紀は紀伊半島が風を防いでくれる風裏にあたるのでいくらかはマシである。

朝7時出港。通常この海域では水深90m前後をドテラ流しのタイラバで狙うことが多い。今回は風が強くて船のドテラ方向への横移動速度も早いため、少し重めの鯛ラバーQ150gにレッドとオレンジのマルチカラーロングカーリーを付けたものから試してみることにした。

まだ大型のブリの回遊もあるとのことなので、ソルティガBJ200Hにはいくらか太めのジギングパワーゲームの1号、リーダーはフロロカーボンラインの4号のセッティングだ。

好ゲストのアオハタから

風によるウネリが強くてタイラバの肝である等速巻きがしづらくアタリも取りにくいが、ウネリの間のタイミングで桜幻鯛ラバーⅩ B69L-ソリッドRにグン!と重みが乗った。

あまりロッドをたたかないファイトは予想通りのアオハタであった。

おいしいアオハタ

河口沖の砂地の瀬を流していくこの釣りでは一番多いゲストになるアオハタであるが、ここ南紀のアオハタのアベレージサイズは非常に大きく、食べてもおいしいのでうれしいゲストだ。

ストレート系ネクタイが吉

良型マダイ

しかしこの後アタリが続かない。船のミヨシでコンスタントにアオハタを上げている釣友の様子から察するに、どうやらカーリー系の波動が大きいネクタイよりもストレート系の波動が少ないネクタイの方がいいようだ。そこで先がブラックのマルチカラーストレートネクタイにチェンジして速巻きで40回転。

ここでヒット!グングンとサオ先をたたく強い引きはマダイに違いないと確信。気持ちいいやり取りを制して上げてきたのは、良型のマダイであった。

この日の傾向としてはマダイが少し浮き気味のようで、アオハタをかわしてマダイを狙うにはボトムからリールのハンドル40回転ほど回さないとヒットしない様子。しかもかなりの速巻きに高反応だ。

釣友とダブルヒット

ポイント移動した別の場所で、魚探に高反応を示したところで釣友の秋山氏にヒット!そこからさらに速巻きで上まで巻き上げた私にもヒットして、ダブルヒットとなった。

マダイを手中

ボトムで掛けた秋山氏はすこぶる良型のアオハタ。かなり上の層の速巻きで掛けた私には良型のマダイであった。

この後、秋山氏も速巻きでマダイやマハタなどを釣り上げたが、このころから強く吹いていた風が突風並に猛烈になってしまったので納竿となった。

次ページで今後の展望