フカセ釣りで50cm級チヌ連発 これぞ乗っ込み!【徳島・蒲生田岬】

3月17日(日)は、徳島県阿南市蒲生田岬(がもうだみさき)の磯へフカセ釣りでチヌを狙いに釣行した。今は乗っ込みチヌ最盛期で、50cmオーバーの大物が目標だ

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

春の一級磯で挑戦!

当日は道が車で混むこともなく、渡船場に到着。棚橋金治郎渡船を利用し、椿泊の港を朝6時に出船した。

船が岬のグンカンに着いた後、船長が「誰が行くんかー?」すぐさま「ほな、私が行きます。」と声を上げたのは井上さん。工藤先生も一緒に上がった。

次の1番磯は「私が行きます!」と1人で降りた。他の人は、「ツロオチバエ」と「長者の軍艦」に1人ずつ降りた。ちなみにどれも一級磯である。

磯に下りてみると、風もそよそよで、春の乗っ込みチヌの気配を全身で感じる。

釣り始める前には、魚を寄せるために、まきエをたっぷりまいた。配合エサはVSPチヌと激重チヌとムギパワースペシャルチヌを各2袋ずつの計6袋である。

当日のエサ

時間かかるも大物!

釣り開始、早々の3投目にアタリがあった。

4ヒロの足元で食ってきた。サオを立ててあしらいにかかるが重い。ウキが見えたところで、磯際に突っ込まれる。すると、プツンとハリスが切れてしまった。「でかかったわ」と独り言をつぶやく。これでが然やる気が出てきた。

くわせオキアミスーパーハードビッグLを丁寧に刺して、再度仕掛けを放り込む。今度もコンコンとサオがたたかれる。「今度こそ」と思ったがハリ外れ。

そして、しばらくアタリが遠のいた。ハリスにジンタンを追加して、さしエを安定させることにした。すると、この作戦が正解でアタリである。

やっとこさの1匹。型はこの時期特有でデカい。目測で50cm近くある

深場でフィーバー!

岬のグンカンで大チヌ

うれしくなって、岬のグンカンに上がった工藤さんに電話を入れて情報交換。

私:「釣れましたか?」

工藤さん:「井上さんは1匹。私は4匹。」

私:「ここの釣り方は、どうすればいいんですか?」

工藤さん:「簡単よ、5Bのウキで、5ヒロを釣ればいいだけ。ハリスは2号ね。」

このアドバイスを受けて、その後は5~6ヒロの深場も攻めてみた。すると入れ食い状態、フィーバー確変である。

足元を釣っても、遠投しても、地方を攻めても、沖側に仕掛けを入れてもアタリがある。あれとあれよという間にクーラーに入らなくなった。

カンダイ(コブダイ)も!

そして、今度もデカいアタリが。どうにか浮かすと、赤い色をしている。

「あれれ、カンダイ(コブダイ)!」「最初の大きなアタリもカンダイだったのかなあ。カンダイもコンコン頭振るんやなあ。」

重量級のアタリ

次ページで最終釣果発表!