オフショアジギングで多魚種キャッチ!サバ猛攻に苦戦【三重県・志摩】

オフショアジギングで多魚種キャッチ!サバ猛攻に苦戦【三重県・志摩】

「ジギングに本格参戦したい」という釣り仲間の林さんと、魚種豊富な三重県志摩市和具沖に1月12日、ランデブー釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずは太いサバ!

午前6時すぎに到着すると、すでにアングラーは集合していた。予約では2番と思っていたが、声がかかったのは一番。トモを選択し、早速タックルのセッティングを開始。

30分ほどで志摩沖に到着。船長から「110mです。本日もよろしくお願いします」と声がかかった。

林さんはガンフォール200gのグリーン。私はスロースキップスパイナローのブルーだ。しばらくすると林さんにヒット。太いサバが釣れてきた。船中1号だ。

そして私にもサバがヒット。

釣友に良型ワラサ!

しばらくすると林さんのロッドが一瞬、根掛かりしたような重量感。

するとティップがグイグイと引き込まれた。ヒットだ。丁寧なやり取りが続き、船長のタモに無事に収まったのはワラサ。

青物は初めてとのこと。長年サオを並べてきた友人の挑戦、良型が恵まれたことは私もうれしい。

中層でハマチがヒット

オフショアジギングで多魚種キャッチ!サバ猛攻に苦戦【三重県・志摩】ハマチゲット

だが私もこのままでは終われない。

デッキの魚探をのぞきながら中層まで探っているとヒット。

ラインを出すまでではないが、少し根性がある引き。

上がってきたのはハマチだ。

ミヨシではハガツオやホウボウが釣れ始めた。

ボトムから上げ過ぎるとサバの猛攻。

船長はサバを避けるため、何度か移動したが逃げ切れない。

ワラサを期待も・・・

今回自作してきたアシストフックラインの選択ミスで、芯が入ってないタイプ。何度もリーダーに絡みエビにもなった。10時ごろに全て交換し、気持ちも切り替えてジグをCXに変更。

するとヒット。上がってきたのはマトウダイだ。

そして続いてのヒットは、ラインを少し出してくれる。ワラサを期待したが、意外に小さくハマチだった。

この日に初めて使用したスロージャーカーの5オンスは、250gのジグを小気味よくシャクってくれ使いやすい。

マグロヒット?!

船中ではサバばかり。40cm近い良型も交じり、フロントとリアのフックにダブルも珍しくない。

正午ごろ、常連さんに大物がヒット。かなりやり取りがあり少し弱まったかと思った瞬間、強烈に走ってラインブレイクとなった。

「ビンチョウマグロだろう」と船長。

スパイ5やナロー、CXとローテーションしていると、ホウボウやキダイ、マトウダイを追加できた。

どうしても一発大物を獲りたいとボトム付近を丁寧に探ったが、最後まで良型の魚信はなく、午後2時すぎに沖上がりとなった。

当日の釣果

この日の青物は船中3匹。一番の大物は林さんのワラサ。この他ホウボウやマトウダイを釣り上げた。

私もハマチ2匹、マトウダイやホウボウ、キダイ、サバの釣果に恵まれ、林さんもこのワラサでジギングにハマったようだ。

オフショアジギングで多魚種キャッチ!サバ猛攻に苦戦【三重県・志摩】当日の船中釣果

これから水温が下がるにつれ、志摩沖も厳しい状況となるが、青物&根魚を狙って2人で足しげく通うことになるだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース版』2019年1月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。