50cm超キジハタ頭に根魚100尾!ボートロックゲーム【名古屋港】

12月下旬、釣り納めに10フィートアンダーソルトの伊豫部キャプテンと釣友の小椋君、田崎親子と名古屋港ナイトボートロックゲームに出撃してきた。ターゲットはキジハタ、カサゴ、タケノコメバルだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

最初のターゲットはキジハタ

今回のターゲットはキジハタ、カサゴ、タケノコメバルが中心のロックフィッシュ。

前夜から名古屋で初雪が降り気温も下がったなかだったが、最初はレアターゲットのキジハタを狙う。

当日使用したワームとジグヘッド

ランカーキジハタ登場!

5~7gのジグヘッドに五目ソフトシュリンプをセットし、水深10m前後の根周りを探っていくと、開始早々2投目で田崎君に待望のバイト。

ラインを引き出しロッドが大きく曲がる。何度もドラグを鳴らして慎重にファイトし、水面に見えたのは本命のキジハタ。それもデカイ。

ランディングし計測すると、50cmちょうどのランカーキジハタだ。

50cmアップのキジハタ

開始早々の50cmアップに船中のテンションはマックス。

釣りを再開すると今度は小椋君にバイト!こちらも本命のキジハタが上がってきた。すると今度も田崎君にバイト。上がってきたのは、少し小ぶりのキジハタ。

開始早々にプチキジハタラッシュが到来だ。

私にも待望のバイトがあったが、キジハタ狙いには残念なカサゴ。すると田崎さん父にもヒット。上がっては本命のキジハタだ。

さらにまたもや翔太君にヒット。これは本命のキジハタだった。翔太君はキジハタトリプルキャッチの大活躍だ。

シャローのゴロタで入れ食い!

私の良型カサゴ

この後はカサゴが釣れるばかりで、キジハタ狙いは終了しシャローのゴロタ周りでムラソイ、カサゴ、タケノコメバル、メバルを狙う。

シャローのゴロタは根魚の宝庫。いろいろな魚種が釣れてくる。

ここでは根掛かりが多発するため、軽いジグヘッド1.8~3.5gに変更し、五目ストレート&五目バルキーリングの小さめのワームで狙っていく。

ここから入れ食いモードで、ゴロタ周りにキャストするとカサゴ、メバル、タケノコメバル、ムラソイと予想以上にロックフィッシュからの答えが返ってくる。

気づけばイケスは根魚だらけ。満足な釣果が得られたため、早めのロッドオフとした。

次ページで最終釣果発表!