フォール&巻きに絶対の自信!新型ジグ『MAKIE』オフシャロゲーム

セブンスライド海士、そしてTai―R(タイラー)などを世に送り出し、オフショアで新境地を開拓し続けるガイドサービスセブンの宮崎晃船長。1月11日、北九州市小倉北区・小倉港から響灘に出船し、12月下旬に発売したばかりの新型ジグ『MAKIE(マキエ)』をセブンスタッフらが投下。真冬の海でおいしい魚が次々に浮上した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

響灘でオフシャロゲーム

午前7時に出船し、ベタナギの響灘を順調に航行、約1時間30分で水深約50mのポイントに到着した。

ここではオフシャロゲームを展開する。

今回、メインに使用するのは昨年末に発売したばかりの新型ジグ『MAKIE(マキエ)』

状況を見ながらTai―Rでも狙う。

MAKIEはキビナゴをイメージして開発したとのことだが、とにかくリアルなジグで全体のシルエットはもちろん、目がまるで生きた魚のよう。

宮崎船長に特徴を聞くと、「見た目、イメージともに落ちているベイトを演出しました。ゆっくり見せてバイトに迷う魚にアプローチし、しっかり口を使わせるために生まれたジグです。ジグを見切ってスレた魚に対してとても有効です」とのことだ。

マキエというネーミングにも、その自信が表れている。

『MAKIE』はフォール&巻きで!

フォールと巻きで実力発揮

使うコツについて聞くと、「このMAKIEの目を魚にしっかり見せることです。ヒラヒラ落とすように誘うと効果的です。シャクってもいいのですが、このジグはただ巻きでOKです。Tai―Rは、基本的にフォールとシャクリで細かく誘いますが、MAKIEはフォールと巻きに重点を置いています。ベイトが小さな群れの時はTai―R、多く群れている時はMAKIEといった感じで使い分けるといいでしょう。ジグによる釣り方としては新ジャンルだと思います。タイラバタックルで併用できますよ。」と言う。

船長で開発者の宮崎晃社長

『MAKIE』で良型他魚種連発!

開始直後、1投目にTai―R・グローグリーン150g落としたスタッフの植原さんに何かアタった。

「フォールできました」と言いつつ、慎重に巻いてゆっくり浮かせたのは4kgクラスの良型マダイ。まずはTai―Rの使用感をよく把握したうえで次はMAKIE・アカキン80gにチェンジするが、状況に応じてサオを2本使い分ける。

Tai―Rで超高級魚アラ(クエ)!

その後、MAKIE・エサ80gを使用していた宮崎船長にはアマダイやヒラメ、平良さんにはアマダイやボッコなどが続く。

根魚にも効果あり!

石田さんは、MAKIE・ブルピン80gで良型マダイ4kgクラスやタカバ3kgをキャッチした。

いずれもフォール中にアタってきたとのこと。

フォールでアピール!

海中でパニックベイトを演出するからか、フォールによるアピール力が突出しており、その威力は驚異的に食い渋る魚の食いを誘発する。

フォール中にヒットしなければ、全員がただ巻きで狙う。

アクションは入れない。基本的には着底を確認したらただ巻きでOK。タイラバの要領で一連の動作を続ければいいだけなので、これまでタイラバのみをしていた人も扱いやすい仕様。

タイラバよりも広範囲(ベタ底~中層より上まで)にアプローチできるため、ヒラマサといった大型青物の釣果も十分期待できる。

次ページでMAKIEが釣れる秘訣公開!