62cmヒラマサとパワーファイト!ショアジギ【鹿児島県・佐多岬】

62cmヒラマサとパワーファイト!ショアジギ【鹿児島県・佐多岬】

職場の同僚の岩下さんから「少し早めの釣り納めに行きませんか」との誘いがあり、川崎さんも含めて昨年12月後半に鹿児島県肝属郡・佐多岬の沖磯へ釣行した。狙いは青物。沖磯でのショアジギングでパワーファイトを楽しみたいところだ。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鹿児島は佐多岬の沖磯へ

今回のターゲットはルアーを使った青物。

ちなみに、ここ佐多岬では青物のほかにも底物や上物、根魚などと、さまざまな魚種が狙える。また、釣れるサイズがデカいことでも有名で、磯釣りでの日本ランカーのクロも同地で上がっているほか、数百kgクラスのマグロも回遊している。

まさに釣り天国な同地には日本各地から釣り人が集まり、平日でもにぎわいを見せている。今回お世話になったのは、田尻漁港から出船している昭栄丸

ルアーの知識が豊富な船長の話では、ベイトの付きと魚の回遊はバッチリのようで、暖かい潮さえ入れば食いは立つとのこと。

期待ができそうだ!

潮の流れは最高!

午前6時ごろ港に到着し、6時30分に出港。

乗礁したのは大輪島・灯台下の一級磯、セジリ。ここはルアーでもエサでも何でも来いのオールマイティなスポットだ。

62cmヒラマサとパワーファイト!ショアジギ【鹿児島県・佐多岬】セジリポイント

乗礁すると、いつも通り川のようにガンガン潮が流れており、ロケーションは最高。潮はケバ方面から流れてきており、ちょうど目の前でヨレができていて沖へ払い出している。

状況は最高だ。

ヒラスズキ狙いのサラシ打ちから

62cmヒラマサとパワーファイト!ショアジギ【鹿児島県・佐多岬】基本タックル

はやる気持ちを抑えながらタックルの準備をした。まずはヒラスズキ狙いのため、フローティングミノーで磯ギワのサラシをトレースするが、反応なし。

サラシが薄いために食いが悪いと判断し、ルアーをチェンジ。次にセットしたのはサンティス33のイバラキャンディ。しかし、トレースするも反応なし。

カンパチヒットも・・・

何か反応あるかな?と思い、少し磯から離れた場所へキャストし、リトリーブしてみた。

すると、ガガッ!とアタリ。すかさずフッキングを入れるもバラしてしまった。この後も数回バラシが続いたため、ルアーをショアラインシャイナーZバーティス・不夜城へチェンジ。

アタックしてくるなら3フックのルアーの方がフッキング率が高いと判断した。するとこれが功を奏し、ヨレ付近へキャストして20カウントほど沈めたレンジをスローリトリーブしているとヒット。

ロッドを立ててやり取りを開始すると、青物の走りだ。ロッドがバットまでねじ込まれながらも何とか浮かせると、ヒットしていたのは60cmほどのカンパチだ。

しかし、波に乗せてピックアップしようとした次の瞬間、無念のフックアウト。ヒラスズキタックルでは弱かったのか、残念だ。

次ページでヒラマサとパワーファイト!!