深海から高級魚を引っ張り出せ!今が旬オニカサゴ【三重県・大王岬沖】

深海から高級魚を引っ張り出せ!今が旬オニカサゴ【三重県・大王岬沖】

甘みのある刺身を求め、三重県は鳥羽市の国崎港から出港!大王岬沖にて高級魚オニカサゴに挑む!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のタックルと仕掛け

1月4日、釣友らとオニカサゴ狙いで釣行した。大王崎沖での釣りで、午前6時45分に集合。7時に三重県鳥羽市の国崎港を出船した。

サオはおやじから譲り受けた深海釣り専用オモリ負荷150号の170cm7対3調子、リールはシマノのフォースマスター2000、ミチイトはPE5号、ナイロンリーダー8号を4ヒロ。

仕掛けは手作りでミキイト6号、全長2m、ハリス長さは80cmと40cmの2本バリ吹き流し、ハリスはフロロ6号、ハリはムツ18号を使用した。

出船前にくじで釣り座を決め、左舷胴の間に釣友たちと並んで座る。大王崎沖までは1時間ほどで、到着は午前7時55分ごろとなった。

エサフワフワでオニカサゴ!

エサは、船宿から支給されたカツオのハラモの切り身と、持参したサンマの切り身を使用。

船内アナウンスで今年の1投目を入れた。1回目の流しはアタリすらない状況で移動。2回目の移動でも、なかなかアタリがない。

そんな状況で、仕掛けをゆっくりシャクってエサをフワフワさせるイメージを描いていると、サオ先に微妙なアタリ。感覚的には小魚がコツッとエサをついばむ感じだった。アワセを入れると重たい。

電動リースをスローで巻き上げると、底に引かれるアタリが伝わった。慎重に上げ、100mで暴れだしたのでオニカサゴに期待が膨らむ。

深海から高級魚を引っ張り出せ!今が旬オニカサゴ【三重県・大王岬沖】一尾目から良型!

60m付近でまた底に引き込まれるような強いアタリが伝わり、さらに丁寧に上げて6mで電動リールを止め、手巻きで上げながら2m表示辺りに赤い魚体。

オニカサゴだ。船長にタモを入れてもらい、上がったのは35cmのいいサイズだ。

私が1匹目を上げると3回目の移動。ここからつらい時間が続く。

二枚潮に苦戦・・

二枚潮となり、私も隣や右舷後方の人と仕掛けが絡むトラブルが多く発生。交換などで時間を費やし、釣りにならない状況が1時間ほど続いた。

時合いは午前11時ごろで、久しぶりのアタリとなるが、これも隣とオマツリ。

途中諦めていたところ、仕掛けがほどけたので回収していると魚が乗っている感覚があり、丁寧に電動リールを巻く。

25cmのオニカサゴで、なんとか2匹目を釣り上げることができた。

すぐ投入すると同サイズが釣れだしたが、これも長くは続かず3投ぐらいでアタリが止まる。

ここから残念ながら釣れたのは、投入途中でのゴマサバが2匹。

午後2時に納竿のアナウンスが流れて終了となった。

次ページで最終釣果&料理