相模湾スルメイカ釣れた!トリプルヒットも!【神奈川県・儀兵衛丸】

12月15日(土)、相模湾長井の儀兵衛丸へイカ釣りへ行きました。狙うのはスルメイカ。ここ数日は良型が釣れているようなので、ビールビンのような、大きなサイズを目標にいざ出船!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

スルメイカ釣りのタックル&仕掛け

ショートロッドに中型電動リール。ミチイトは、バリバス 10×10プレミアムPEライン4号を400m巻きました。

仕掛けは、ヤリイカとの両狙いで、11cmプラヅノ6本のブランコ式を使用しました。オモリは150号。

ポイントは真沖の水深150mからスタートです。

1投目、着底してから竿を立てていったときにツンツンとアタリ。でも、うまく掛からず、次の投入に期待します。

早々にダブルヒット!

2投目は着底してから3秒ほどイトをフカせて、ゆっくり巻こうとすると明らかにさっきよりも重い、ズッシリとした感触

「あれ?乗ったかも」。追い乗りを狙って3mくらい手巻きのあと、電動で慎重に巻き上げていきます。

途中、グイグイッと竿がしなりながら順調に巻き上げて残り2m。仕掛けを取り込んでいくと、海中に白い影が!

「いた!」1尾目ゲットと思いきや、もう1尾下のほうに付いていました。早々のダブルで嬉しさがこみ上げます。サイズも大きくて42cm。

釣れたイカはすぐに沖漬けのタレに投入。

良型のスルメイカ

3杯目は狙って釣れたよ!

3投目に向けて、仕掛けを変えることにしました。船上では、スルメイカがたくさん上がっていたのでプラヅノを14cmにして、直ブラ仕掛けに挑戦。

着底時、乗らなかったときはゆっくり持ち上げ、上へと探って行きます。すると、竿先がいきなりノシッと、曲がりました。おっ、すかさずアワせると乗った~。

誘って釣った感がある3尾目も良型。

船はまめに流し変えながら、イカの群れを探していきます。誰か一人に乗ると、続けてポツポツ。

周囲の僚船を見ると、すでにスルメイカがカーテンのように干されている船もあります。「たくさん釣りたい」と思い、早い投入を心掛けて投入にしていきますが、思うように釣果は伸びません。

船中ヒットのスルメイカのカーテン

次ページで釣果&料理レシピ!