寒グロの機嫌はいかが?沖磯フカセ釣りで入れ食い!【大分県・米水津】

寒グロの機嫌はいかが?沖磯フカセ釣りで入れ食い!【大分県・米水津】

まだ食い渋っていると聞いていたが、11月30日、大分・米水津の当番瀬、横島3番に行ってきた。沖磯での寒グロ狙いのフカセ釣りの模様を届けしよう。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

夜明けまではヒラスズキ狙い

今回もお世話になったのは功明丸当番瀬のため、出船は午前5時と少し遅い時間にお願いした。予定通り出船して瀬上がり。

釣座は船着に構えて夜明けまで裏のヒラスズキポイントでルアーをキャストしてヒラスズキを狙った。

が、ちょうど干潮でいつものようなサラシがなく、アタリすらないため、すぐに諦めてフカセ釣りの準備を済ませ、少し休憩。

本番のフカセ釣りスタート

寒グロの機嫌はいかが?沖磯フカセ釣りで入れ食い!【大分県・米水津】当日のタックル

明るくなってからフカセ釣り開始。まずは瀬ギワを攻めるが反応なし。

サオ2本くらい投げてまきエサをかぶせ、ウキは見えないためイトを張り気味にしていると、イトがバチバチと走った。

軽くアワセを入れるとサオに乗ったが、やり取りをしている途中に痛恨のハリ外れ。

それからはアタリはあるのだがアワせてもハリ掛かりせず、クロが居食いをしているようにオキアミの皮だけが残って帰ってくる。

そこで仕掛けがなじんでウキが沈みだし、ウキに変化が出た時にイトを張って誘いを入れる。

と、サオ先にアタリ!

アワセも決まり、元気な引きを楽しませてくれる。

慎重に寄せて上がって来たのは40cmクラスのクロだった。

それからは30cm弱の尾長グロが連発し、リリースを繰り返した。

潮動くと入れ食いに!

潮は相変わらずほとんど動かず苦戦が続いたが、本来と逆方向に少し流れだし、うまく誘いを入れると入れ食いになった。

しかし食いが浅いため、ハリ外れも連発、ほかの釣座も見に行ったが、やはり苦戦をしていたので、私なりに状況と食い渋り対策を話して回った。

横島4番との水道側に釣座を構えていた2人は「釣りにくく、全く釣れていない」と言っていたので、私の釣座に並んで同じように仕掛けを流して攻略をしていた。

期待していた型や数も釣れなかったのだが、食い渋りを攻略して30~40cmを数釣りできたので回収1時間前の午後2時に納竿し、釣り場の清掃をして船を待った。

寒グロの機嫌はいかが?沖磯フカセ釣りで入れ食い!【大分県・米水津】この日の釣果

港に帰ってから、いつもの絶品のイワシの干物をお土産でいただき、待合所でお茶とお菓子をいただき、北九州に帰る途中で、いつも寄る城南のから揚げ(絶品!)に寄り道しながら帰った。

釣果のクロはお裾分けをして自宅用は刺し身・鍋・塩焼きでいただいたが、脂ものって絶品だった。

これから水温も下がれば釣果も安定してくると思う。

釣行されてみては。

寒グロの機嫌はいかが?沖磯フカセ釣りで入れ食い!【大分県・米水津】これからのサイズUPに期待したい

<週刊つりニュース西部版 吉田勇 /TSURINEWS編>

▼この釣船について
功明丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年1月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。