ウェーディングでのルアーシーバス釣行で35cm級本命を連打【愛知】ボイルを狙い撃ち

ウェーディングでのルアーシーバス釣行で35cm級本命を連打【愛知】ボイルを狙い撃ち

4月半ば、愛知県半田市の衣浦方面の河川へシーバスを狙いに出かけた。ピックアップやゴメクサスのモニターを務める釣友の山田章人さんの案内で、現地に午後8時ごろ到着。いつもは長靴で釣行できる場所がメインだが、この日はウェーディングでポイントへエントリーした。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸松慶輔)

アバター画像 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ウェーディングシーバス釣行

移動中ハクが水際を泳いでおり、シーバスのベイトはハクだろうと山田さんは分析。ハクパターンのルアーで狙ってみましょうということで話がまとまった。大潮の満潮から下げ始めるタイミングで水位も高く、流れも効いていないなかでキャスト開始。最初はボイルなども見られず生命反応がなかったが、時間が経過して流れが効いてくると明暗の切れ目でボイルが出てきた。

ルアーをローテーションさせていくとファーストヒットは私。ワンダー60に、ボイルしていたであろうシーバスが反応してくれた。流れにルアーを当てながらスローに巻いてくると、明暗を横切ったタイミングでコツコツッと小さなアタリ。しっかりフッキングは決まったはずだが、最初のエラ洗いでフックアウトしてしまった。

まだチャンスがあるはずだと楽観的に構えていたが、そこからボイルが消えてしまいセレクティブな展開となりハクパターンの難しさを身をもって知ることになる。しかも小さめのルアーの手持ちを使い切ってしまったため、いろいろ試してみようとサイズの大きなルアーもローテーションに入れて探っていった。

沖のブレイクでシーバスヒット

橋脚の明暗と沖のブレイクがある場所で、そこに潜んで流れ出すハクをシーバスは食っているはず。根掛かりが怖いがちょっと攻めてみることにする。めいっぱいキャストして、沖のブレイクをかすめるようにリーリングしながら流芯に流し込んでいくイメージだ。

ウェーディングでのルアーシーバス釣行で35cm級本命を連打【愛知】ボイルを狙い撃ちワンダー80に出た(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸松慶輔)

すると流芯にさしかかった所で、ワンダー80にヒット。小さなアタリにロッドをぎゅーっと曲げるようにアワせてフッキング。なるべくエラ洗いさせないようにやり取りし、慎重に寄せてネットイン。小ぶりだが35cmほどのキレイな衣浦シーバスをゲットした。

明暗の境目でもヒット

潮が引いてポイントがある程度絞れてきたのか、同じトレースコースをレビンミニで狙って同型のシーバスを追加。

ウェーディングでのルアーシーバス釣行で35cm級本命を連打【愛知】ボイルを狙い撃ちうれしいシーバスキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸松慶輔)

対する山田さんは、定点でボイルしているシーバスを狙うべく明暗の境目を狙っている。ルアーローテしながら探っていたところでドン!強引に寄せた1匹はこちらも35cmほどのシーバス。

ウェーディングでのルアーシーバス釣行で35cm級本命を連打【愛知】ボイルを狙い撃ちこちらも本命手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸松慶輔)

ブレイクを避けるようにロッドを立て気味にして、やや速巻きでヒットに持ち込んだ。同様のパターンで連発した山田さんは「ボイルしているのはもう少し大きいはずなんですが」と苦笑い。それでもフレッシュな衣浦シーバスが顔を見せてくれて山田さんと私、それぞれ2匹ずつシーバスを手にし、11時すぎに納得のロッドオフとなった。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
衣浦の河川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。