キャスティングヒラマサ釣行で船中本命16尾【山口・健洋丸】平均サイズは10kgオーバー

キャスティングヒラマサ釣行で船中本命16尾【山口・健洋丸】平均サイズは10kgオーバー

4月16日、春の大型ターゲットでもあるヒラマサ、いわゆる春マサを狙いに行ってきました。近年、特に人気の船でのヒラマサキャスティングゲーム。重量のある強靭なタックルで大型ルアーを投げ続けるというなかなかハードな釣り。が、10kg、20kg、果ては30kgと大型ヒラマサに巡り会える可能性を秘めた夢のある釣り、私もその魅力にとりつかれたひとり。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・濟郁恵)

アバター画像 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒラマサキャスティング釣行

山口・長門市川尻漁港の健洋丸(松岡船長)で向かった先は汐巻。ハイシーズンには大型ヒラマサが出ることで有名なポイントだ。空が白み始めてきたくらいに、船長の指示で釣りを開始。

タックルは、ロッドはスパイク822S‐H、リールはソルティガ14000XH、ラインはPEライン6号にリーダーはナイロンの130ポンド、パワーのあるロッドだがティップからベリーにかけては軟らかく力不足になりがちな女性でも扱いやすい。ルアーは最近好釣果を出しているレガート190をセレクトした。

キャスティングヒラマサ釣行で船中本命16尾【山口・健洋丸】平均サイズは10kgオーバーキャスティングタックル(提供:週刊つりニュース西部版APC・濟郁恵)

 

 

船中でヒラマサがヒットし始める

1投目、気持ち良くキャストしてジャークを入れる。ピッチの速いジャークや速巻きが良いとのことで意識しながらルアーを動かす。同船者から「出た!」と魚の反応、リールからドラグ音が鳴り響く。

そこから海はヒラマサのボイルが次々に湧き起こり止まらない。同船者は魚とのやり取りもうまく、魚との距離を詰めていく。無事にキャッチしたヒラマサはなんと20kgオーバー。

10kg超えのヒラマサをキャッチ

そこからもラッシュが続き、私のルアーにもヒラマサが出るが乗らない。同船者がダブルヒットして順番にキャッチしていく中、とうとう私にもヒット。アドバイスをもらいながらミヨシから左舷にかわしてキャッチ、10kgほどのヒラマサだった。

釣りでこんなに感謝したことはないんじゃないかと思うくらい船長には感謝だった。実は恥ずかしながら1年半ほどキャスティングでヒラマサを釣りきらず悔しい思いを募らせていたのだ。そんな思いを胸にヒラマサにもしっかり感謝を告げてリリースした。

この朝イチのボイルでは25kg、10kg、9kg、13kgと連続ラッシュでバタバタ上がり、この段階で6尾もヒラマサが出るという好状況だった。

キャスティングヒラマサ釣行で船中本命16尾【山口・健洋丸】平均サイズは10kgオーバー朝に仕留めた10kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・濟郁恵)

ヒットするもバラす

朝のラッシュが落ち着いた後も曇りでローライトな状況が功を奏し、投げ続けていると時折、単発で激しいバイトとボイルが起こり、慌ただしい状況が続く。

ルアーは160サイズに落として極力水面直下を泳がせるような高速ジャークや高速巻きで誘い続けた。そこからもチェイスにバイトが連発する場面も多く、同船者もヒットしてはフックアウト、ラインブレイクと悔しい状況もあった。

私にもヒットするが、ミヨシで耐えているとそのままフックアウトしてしまった。悔しい。

次のページでジギングでヒラマサゲット!