エリアトラウトのナイター釣行を3色のカラーだけで攻略してみた【神奈川】

エリアトラウトのナイター釣行を3色のカラーだけで攻略してみた【神奈川】

寒さが身にしみる冬の季節にハイシーズンを迎えるエリアトラウト。トラウトにルアーを見切られないように、ルアーは何色ものカラーを用意して挑むのがセオリーです。しかし、ナイターにおいては、もっと少ないカラーでも釣りが成立するという話を伺ったので、実際に試してみました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部・藤田)

アバター画像 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

ジロー池に移動

ジロー池は中型〜大型のトラウトが放流されているポンド。イチロー池と比べると難易度が高いのが特徴です。

エリアトラウトのナイター釣行を3色のカラーだけで攻略してみた【神奈川】大物が狙えるジロー池(提供:TSURINEWS編集部・藤田)

大物を仕留めたいと考えて私が使ったルアーは、ウォーターランドのディープカッパー5g。シルエットが大きめで重い部類のスプーンなので、中規模ポンドで使っている人はあまり見かけません。しかし私の経験上、レギュラーサイズから大型までしっかり釣れるルアーなのです。

まずはブラックのカラーを選んでキャスト。1秒に1回転リールをリトリーブするスピードで、中層〜底層を探ってみます。すると、コツコツとアタリがあるものの、魚がバイトしません。

スピードが速すぎるのかもしれないと思ったので、ルアーをウォーターランドのアルミん2.5gに変更。このスプーンは、ディープカッパー5gと同じシルエットですが、アルミで作られていて軽い分、ゆっくりと引けます。

これなら釣れるだろうと思ってキャストして同じレンジを探ってみたのですが、今度はアタリがなくなってしまいました。

40cmの良型ニジマスをキャッチ

状況から見て、ルアーはディープカッパー5gが正解に近いようです。そこで、アルミん2.5gからディープカッパー5gに戻してカラーをパールホワイトに変更。

エリアトラウトのナイター釣行を3色のカラーだけで攻略してみた【神奈川】ディープカッパー5gのパールホワイト(提供:TSURINEWS編集部・藤田)

キャストして中層を泳がせていると、ヌゥっと重たくなるようなバイトが起こります。すかさずアワセを入れるとヒットしました。

そこまで引きが強いわけではありませんが、なかなか浮き上がってこないところを見るに、まあまあのサイズが期待できそうです。慎重に寄せてランディングネットでキャッチすると、ズシリとした重みが手元に伝わります。揚がってきたのは、40cm程度のニジマスでした。

エリアトラウトのナイター釣行を3色のカラーだけで攻略してみた【神奈川】40cmの良型ニジマスをキャッチ(提供:TSURINEWS編集部・藤田)

結論:ナイターは3色だけで釣りが成立する

今回は、Xのフォロワーさんのアドバイスを信じて白、黒、グローカラーの3色だけでナイターにチャレンジしました。結果として、良型含む釣果を上げられたので、この説は立証と言って良いと思います。

王禅寺のナイターは、日中と比べて料金が安いこともあり、平日の仕事終わりにサクッと楽しめるのが魅力。みなさんもぜひナイターに有効なルアーカラーだけを持ち込んで釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

<TSURINEWS編集部・藤田>

▼この釣り場について
ベリーパーク in FISH ON! 王禅寺