やっぱり楽しい五目釣り!のんびり気ままボート釣行【三重県・矢口浦】

10月16日、三重県・海山町矢口浦へボート釣りに出かけた。当日は午前2時に起きて出発、途中で朝食兼昼食を購入して三重県の矢口浦へ向かう。休憩には道の駅・紀伊長島マンボウをお勧めしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンヤでキビレから!

初のキビレ

矢口浦に到着すると、日の出時間を間違えてまだ真っ暗だ。30分ほど仮眠を取り、手元が見えるほど明るくなってからボートをこぎ出した。

まずは1つテンヤで一発大物狙い。アマエビの尾を切ってテンヤ仕掛けに真っすぐ付ける。

期待を込めて第1投、着底と同時にサオが曲がった。

流し釣りなので根掛かりかとサオを立てると、ラインは進行方向と逆に走りだした。大慌てでアワセを入れるとガッチリ掛かったようだ。

水深10m前後。比較的浅場でのやり取りは、なかなかのものだ。

上がってきたのは、矢口浦では初めて釣り上げるキビレ34cm。

大物ヒット!で・・・

アタリが続かないので水深20mに移動。

落とし込むと10mでラインが止まった。イトフケを取ると、いきなりサオが根元から曲がる。

すごい引き。何だ?

10分ほどやり取りしたが、サオが真下に突き刺さり、なんと根元から折れるアクシデント発生

まだ買って3回しか使っていないのに…。

相変わらず魚は引いているが、魚影も見ることができずに惨敗だった…。

サオを替えて1時間ほど同じ場所を流してみたがアタリなし。

諦めて土産を確保しようとサビキ釣りにチェンジした。

サビキ仕掛けで爆釣も・・

当日に使用したサビキタックル

まずはサビキバリにオキアミを付けてアミエビなしで投入する。

すると網干し場で25cmほどのグレがヒット。

水面にアミエビをまくとグレがウジャウジャといる。その中にいる同じサイズの青物を狙うが、グレが先に掛かってしまう。

グレを10匹ほど釣ったが、刺し身用のアジが欲しくて場所移動。

10mほど移動して一番深い網干し場へ。魚がいるのは確認できたので、アミエビのカゴを付けてコマセをまいて釣っていく。

それからは、入れては釣り、釣れては入れるの爆釣モード。

グレ、サンバソウ、ウミタナゴにヘダイ、15cm前後の小ダイを釣りまくるが、クーラーに入る魚が釣れない(ハリをのみ込んだ魚以外は全てリリース)。

しばらくするとエサだけ取られるようになった。

正体はカワハギ!

すぐにカワハギ仕掛けにアマエビの切り身を付けて投入、着底と同時に聞きアワセを入れると、やっぱりカワハギだ。

続いてオオモンハタの25cm前後が釣れた。今年はオオモンハタが多いようだ。煮付けがおいしい。

このとき、友達から「アジの刺し身が食べたいからよろしく」とメールが(笑)。アジを求めてあちこち移動するが気配がない。

釣れるのはベラ、小ダイ、ヘダイばかりだ。

次ページでアジ連釣!