東京湾タイラバ釣行で本命真鯛好捕 船中60cm級の良型ヒットも無念のバラシ

東京湾タイラバ釣行で本命真鯛好捕 船中60cm級の良型ヒットも無念のバラシ

2022年12月8日、神奈川県金沢八景でタイラバに挑戦してきました。満潮5時20分と16時干潮10時30分出港7時、沖上がり15時と十分に潮の効く時間帯を攻めることができました。釣り開始すぐに釣果があり期待度マックス。船中60cmは有る大型真鯛も来るが惜しくも水面でバラシ。天候に恵まれた釣行模様をお届けします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター河井勝彦)

Avatar photo
河井勝彦

フィルードは、千葉県。ショア、オフショアでルアーフィッシングがメインです。食うも食われるも命懸け。魚との真剣勝負に挑んでます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

開始1時間で船中1尾目の真鯛

出港は朝の7時。釣り場までは20分で到着した。なかなかの速さである。まずはどんな流れかをチェック。船宿から100gのタイラバヘッドの指定があり、皆さん同じ条件で釣り開始。釣り人は、左に8人右に7人私は、左の前から4番目。誰もが期待を胸に真剣にリールのハンドルを握り、それぞれのスピードでタイラバを操っている。

そんな中、期待の1尾目が右のミヨシでヒット。開始1時間位経過したころだった。ネクタイカラーは明るいオレンジ、サイズは、35cm。サイズは関係なくとにかく魚の反応を船中で確認しないと始まらない。

東京湾タイラバ釣行で本命真鯛好捕 船中60cm級の良型ヒットも無念のバラシオレンジのタイラバ(提供:TSURINEWSライター河井勝彦)

2尾目も同じ釣り人にヒット

1尾目を釣り上げてすぐに右ミヨシの同じ釣り人が2尾目を釣り上げた。ここでカラーは、オレンジだと私は、確信した。すぐにネクタイをチェンジ。左ミヨシの釣り人にもヒット。大きく竿を曲げリールのドラグ音が鳴り響く。引きはまずまずだが真鯛の引きではなさそうだ、青物かと思いきや何と70cmくらいのサメが網に収まったが。針を外しお帰り頂いた。

ミヨシが有利なのは、言うまでもなさそうだ。

ホウボウなどゲストもポツポツ釣れる

ホウボウなど、ゲストの魚達も釣り人を楽しませてくれる。魚の活性は高い。10時30分の潮止まりで30分くらい船を走らせ大きく移動。水深50m位の底がゴロタ石のポイントに到着。こで釣れる魚は、大型と船長から説明あり、少々構えてロッドを握る。

ただ、根掛りも発生で2名がラインブレイクの模様。このゴロタのポイントでの釣果はカサゴ1尾。1時間もしないうちに上げ潮利き始めるので大きく移動。

次のページで著者にも真鯛がヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。