サーフキャスティングゲームでソゲ(ヒラメ)手中【愛知】 トリヤマ追いかけてヒット

サーフキャスティングゲームでソゲ(ヒラメ)手中【愛知】 トリヤマ追いかけてヒット

愛知県田原市のサーフでキャスティングゲーム。当日はナギに恵まれて、サーフには多くの釣り人の姿が。この釣り人の密集を避けながらの、早朝から昼すぎまでの釣行の様子をレポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

田原でサーフゲーム

12月21日、久しぶりに愛知県田原市のサーフに出かけた。真夜中に家を飛び出し、現地には午前6時ごろに到着。見上げる空には、まだきれいな星が輝いていた。風もなく穏やかな日になりそうだ。

タックルを準備していると、東の空が赤く染まり始めきれいな朝焼けが始まった。慌ててタックルを準備して、ヘッドライトの明かりを頼りに海岸へ向かった。海岸にはすでに多くの釣り人の姿があった。

密集する釣り人の中ではポイント移動できないので、私は釣り人の外れまで行きポイントを決めた。

サーフキャスティングゲームでソゲ(ヒラメ)手中【愛知】 トリヤマ追いかけてヒットサ—フに多くの釣り人が……(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

広いサーフをランガン

最初はミノーを結び、夜が明け始めた海に向かってキャストしながら移動を繰り返した。ミノーで反応が出なかったので、バイブレーションに変更して広範囲を探るが、アタリはなかった。

日が昇り周囲の状況が確認できるようになってきたので、状況を確認しながら釣り続けた。ルアーはフラットジャーキーロデム、ワームに変更したが、早朝からの釣りでアタリが出ることはなかった。

潮止まりの時間を利用して、朝食と仮眠を1時間ほど取り再び移動。

サーフキャスティングゲームでソゲ(ヒラメ)手中【愛知】 トリヤマ追いかけてヒット朝食はインスタントラーメン(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

トリヤマ狙い撃ちでソゲ

新しく移動してきたポイントに釣り人の姿はなし。密集していたポイントから移動してきたので、魚がいないのではないかと心配したが、双眼鏡で海をのぞいてみると遠くでトリヤマが確認できた。いつかはトリヤマが近づいてくることを願って、ここでサオを出すことにした。

釣り始めてすぐにスナメリの姿が確認でき、それを追うようにトリヤマが移動していく。届く範囲に来ることを期待して、私もトリヤマを追いかける。

トリヤマの移動は意外に速くて、小走りに追いかけながらチャンスを待った。ルアーは飛びキングに変更し、遠投ができるようにした。そしてなんとか届く範囲にトリヤマが来たのでフルキャスト。一度ボトムに落としてから巻き始めると、ロッドが重くなった。

ゴミかなと思ったが、巻き上げると小さなソゲがついていた。取りあえず魚の顔を見ることができた。小さい魚だが、「ブラボー!」。

この日は早朝から昼すぎまで頑張ったが、ナギの海からはソゲが1匹顔を見せただけだった。

サーフキャスティングゲームでソゲ(ヒラメ)手中【愛知】 トリヤマ追いかけてヒットトリヤマを追いかけて仕留めたのはソゲ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
田原のサーフ
この記事は『週刊つりニュース中部版』2023年1月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。