釣魚で作る「おつまみ」レシピ:ヤリイカのオイル漬け ポン酢少々が決め手

釣魚で作る「おつまみ」レシピ:ヤリイカのオイル漬け ポン酢少々が決め手

イカのなかで最も釣期の長いヤリイカ。九州地方では一年を通して狙えるポイントもある。今回は保存ができて、酒の肴になる「ヤリイカのオイル漬け」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

ヤリイカの釣期

九州地方のヤリイカは夏から秋の沖釣り(船釣り)でよく釣れる。ナイターにより、スッテ(疑似餌)を使った誘い釣りが一般的な釣り方だ。釣期としては九州南部で夏~秋。北部の一部では真冬でも釣れるという。

釣り場での下処理

釣れたヤリイカはザルなどを使い、クーラーに。イカが重ならないよう、そっと入れるのがコツだ。余裕があれば、ジッパー付きの袋に入れて収納するといいだろう。

裏ワザ

持ち帰ったヤリイカは、そのまま冷凍する。こうすることで、アニサキスを除去できるうえ、イカの身が軟らかくなる。ちょっとした裏ワザだ。

さばき方

さばき方は下足(げそ)と胴を離し、胴の部分は縦長に包丁を入れて開く。次にフネフネ(甲羅)とワタを取り、薄皮を剥いでいく。あとは耳を取り、これも薄皮を剥ぐ。残った下足は水洗い。特に吸盤は念入りに行う。

釣魚で作る「おつまみ」レシピ:ヤリイカのオイル漬け ポン酢少々が決め手フネ(甲)とワタを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

細切り

下処理を済ませたら、細切りにする。イカの繊維を切る感じで。イカを縦に置いて、そのまま切っていけばOK。

釣魚で作る「おつまみ」レシピ:ヤリイカのオイル漬け ポン酢少々が決め手縦方向に包丁を入れる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

オイルと合わせる

細切りにしたイカはオイルと絡める。オイルと言っても、漬けダレ的な合わせ調味料。割り下は次の通り、オリーブオイル1、薄口しょう油0.5、ポン酢少々。これを切ったイカと混ぜ合わせるだけでできあがり。

釣魚で作る「おつまみ」レシピ:ヤリイカのオイル漬け ポン酢少々が決め手タレを作る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

かなり長持ち

すぐに食べない場合は冷蔵庫に入れて保存する。冷蔵で1週間、冷凍すれば3か月ほど持つ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。