投げ釣りで19cm頭に35尾【福岡・津屋崎漁港】 手前はエサ取りパラダイス

投げ釣りで19cm頭に35尾【福岡・津屋崎漁港】 手前はエサ取りパラダイス

12月半ば。福津市にある津屋崎漁港へ初冬のシロギス(以下キス)を狙って釣行した。この釣り場は今年から通っているのだが、1か月ぶりの釣行である。情報によると年間を通りしてキスが狙えるとのことで冬場のキス釣りにはありがたい釣り場のひとつである。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤誉)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

津屋崎漁港でキス投げ釣り

途中、釣り場近くの釣具店に立ち寄り、砂ゴカイを30g購入し、状況を聞いてみるとキスは小型で数は少ないが釣れているとのことだった。

8時ごろに釣り場に到着。数人が釣りの準備をしている。気温低下とともに釣り人も少なくなってきているが、午後からは気温が上昇するので混雑が予想される。そこで短時間の正午くらいまでを釣りの時間に設定することにした。

今回も実績のある外側に面した向きで防波堤の中心部くらいに釣り場を構えてみる。当日は風の影響があまりないのと、多少食い込みを重視したいのでシンカーは20号をセット。仕掛けは4本バリ仕様で様子を見る。今回から仕掛けのバランスを少し見直して、エダスと間隔を長くしている。ちなみにテンビンは自作の半遊動テンビンだ。

1投目から本命登場

第1投。仕掛けは4色(約100m)ほどスムーズに飛んだ。少し待ってみたがサオに反応がでないので、リーリングサビキを開始する。4色から3色(75m)に差し掛かったときにコンコンとサオにアタリがきた。一荷を狙いしばらく待つがアタリなし。10cmほどのキスであった。キスはいる様子だが型が小さいのでリリース。とりあえず第1投目で本命のキスを釣ることができた。

投げ釣りで19cm頭に35尾【福岡・津屋崎漁港】 手前はエサ取りパラダイスタックル図(提供:週刊つりニュース西部版APC・近藤誉)

仕切り直しの第2投。今度も4色ほどまで投げる。アタリがないので、先ほどと同じ3色ラインまでゆっくり引いて探るとまたアタリ。ここでも一荷を狙う。アタリがあり2連掛けに成功した(しかしサイズが小さいのでこれもリリース)。

大きなハリに小型が掛かるのは活性が高い証拠だが、この時期には珍しく小型がかなり多い。しかも全てリリースサイズの10cmクラスである。

手前側はエサ取りパラダイス

堤防の釣りはサーフとは違い、魚が散りやすいのだが、この日はアタリが続いた。同じ4色ほどまで投げて75mラインまでゆっくり引いて探ってみるとまたアタリ。ゆっくりリーリングをし、魚が外れないように注意しながら巻き上げると、今度は13cmのキスである。やはり3色付近に魚がかなりのいる様子。同じパターンで投入すると今度も2連だった。

ここで3色より手前の50mラインを探ってみることにした。2色ラインに差しかかると大きなアタリ。ゆっくり上げてみるとフグの3連。幸いハリはのんでおらずすべてリリース。少し位置をずらして50mラインを探る。今度はフグとメゴチの4連パーフェクト。手前50mはエサ取りのパラダイスのようである(この時期のメゴチは刺し身で絶品なのでキープした)。

再度4色から3色ラインを探ってみる。時刻は10時を少しすぎたくらいである。朝の活性ほどではないがぽつぽつながらキスを追加していく(しかしサイズはリリースサイズばかり)。11時半くらいになると食いが止まってしまったので、納竿することにした。

次のページで最終釣果は大満足の結果に!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。