波止フカセ釣りでクロ(メジナ)14尾キャッチに大満足【大分・大入島】

波止フカセ釣りでクロ(メジナ)14尾キャッチに大満足【大分・大入島】

12月7日、主人と大分の大入島へ行きました。主人はチヌ、私はクロ狙いのフカセ釣りです。好釣果となった模様をお届けします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大入島でフカセ釣り

早朝の船で島に渡り、午前8時に守後の波止。「チヌなら波止の先端より港内側がいい」と、釣り仲間の中村さんのアドバイス。

まきエサは、オキアミ2角、爆寄せチヌ、チヌパワー・激重、湾チヌスペシャル、グレパワーV9(徳用)。主人がテニスボール大にしたものを10個私のポイントに入れてくれます。主人は波止先端から手前の30mごろにまいています。

波止フカセ釣りでクロ(メジナ)14尾キャッチに大満足【大分・大入島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

私のタックルは上図の通り。ウキ下は4mで、1mが遊動です。

早速、仕掛けを入れて、すぐにスーッと消し込むアタリ。ちょんとアワせてクロが連続2尾釣れましたが、15cmでリリースします。

すると、主人のサオが大きく曲がりクロ28cmが、くわせオキアミ・スペシャルで釣れました。ウキ下は5m。私の3尾目のクロは15cmでガッカリです。

33.5cm頭にクロ続々ヒット

仕掛けをクロ用に交換します。ハリス1.5号号、ハリを6号にして、くわせオキアミV9Mにしました。サオ1本先にまきエサを入れるとウキ下2~3mに小グロが群れていますが、仕掛けを替えたことで、つけエサがウキ下4.5mまで届きます。すると、スーッとウキが消し込みヒット。釣れたのはクロ約28cm。さらに続けて同サイズが釣れます。

主人にはなかなかチヌは釣れませんが、チヌ釣りは粘りの釣りと言いますし、私はクロ釣りに没頭しています。

まきエサをサオ1本先にまき、そこに私のウキを入れて、さらにウキまきエサをかぶせます。まきエサを追い打ちしていると、ウキが沈み大アタリです。サオが大きく曲がり、リールからミチイトがでていきます。ゆっくりと浮かせると、主人がタモ入れしてくれました。クロ33.5cmです。

クロは入れ食いですが、15cmのクロに小ダイ、カワハギ、アジも釣れています。小魚が多くリリースばかり。

そして、満潮から下げ潮に変わってきました。主人はフグの入れ食い。ウキ下が深い分、フグがエサを取ります。

クロのヒットとまらず

2人で温かい飲み物と私の手作りサンドイッチを食べ、主人は再びチヌ釣りを始めます。

私はウキを2B、ハリスを1.25号、ハリを5号にします。くわせオキアミ・スーパーハードをつけて、ハリスの中央にジンタン7号をかませ、やや強制的に仕掛けを底に沈め、小グロをかわす作戦です。

波止フカセ釣りでクロ(メジナ)14尾キャッチに大満足【大分・大入島】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

仕掛けを入れ、まきエサを5杯打ち、仕掛けがなじむころ、ウキが前アタリから静かに沈んでいきます。ミチイトのフケを取りながら、サオ先でアタリを取るとヒット。主人がタモ入れしてくれて、この日、9尾目のクロで28cmです。さらに29.5cmも釣れました。

再びサオ2本先のポイントにまきエサを5杯入れ仕掛けを流しているとヒット。浮かせたクロを主人がタモ入れ。31cmもありました。

主人は50cmオーバーのチヌを期待していますがフグばかり。その分、私ががんばります。私がクロを掛けるたびに主人がタモ係をしてくれます。みんな30cm前後です。

14尾キープに大満足

午後2時、私は納竿です。主人もまきエサが終わったみたいで、とうとうチヌはボウズです。クロは1尾だけの主人。それでも私がクロ大漁したので十分満足です。私は25~33.5cmを14尾キープしました。

最後に、私たちがだしたゴミは拾って持ち帰りしました。まきエサで汚した波止も掃除して「来た時よりもきれいな釣り場」にしました。

クロは刺し身にして、ご近所さんに配れるくらい釣った私。やっぱり大入島はクロがよく釣れます。1月の寒気で水温が低下し、小魚が少なくなればチヌが釣れそうです。もちろん、クロもよく釣れそうです。

<週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大入島・守後港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2023年1月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。