真冬のナイトライトゲーム釣行でカサゴにメバルにセイゴが連発【三重・四日市港】

真冬のナイトライトゲーム釣行でカサゴにメバルにセイゴが連発【三重・四日市港】

令和4年の釣り納めもやっぱりライトソルトということで、12月30日に三重・四日市港でサオを出した。メバルにカサゴ、セイゴ連発となった当日の釣りの模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松田久史)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でライトソルト釣行

令和4年の釣り納めもやっぱりライトソルトゲーム。アジング大好きな釣友の誘いがあったからなのだが、今年は湾奥で好調なアジがいまだに釣れているらしい。私は超がつくほどアジングが苦手なので、アジは釣友に任せてライトソルトを楽しむことにした。

12月30日は午前0時ごろが満潮でその前後でと約束したのだが、予定より1時間早く「今から迎えに行くで」と連絡。

「早い、早いよ!こういうとき慌てた方が負けなのよね」と思ったが、急いでタックルをセット。三重県四日市市の四日市港に到着したのは午後9時半ごろだった。

翌日は仕事なので午前0時にはロッドオフしなければならない。いつもながら時間に余裕がないと言いつつ、前回釣れなかったメバルをこっそり狙ってやろうと、0.5gのジグヘッドにエコギアアクア活メバルをセットして探っていく。

マイクロメバルでスタート

まずは足元でボトムまでフォールさせるが反応はない。ゆっくり巻き上げてくるとツンツン…ツンツン…。これは間違いなくセイゴ100%だ!

なかなか掛からないのはお約束。ボトムからスローに巻き上げること数回、水面直下でヒット。手に伝わる引きが、サイズの小ささを物語る。

あっさりランディングし、魚体を確認してみると、アレ、メバルだ。サイズはともかく、前回のリベンジ達成ということにしておこう。

真冬のナイトライトゲーム釣行でカサゴにメバルにセイゴが連発【三重・四日市港】マイクロメバルは連発(提供:週刊つりニュース中部版APC・松田久史)

セイゴが連発ヒット

先行の釣友はセイゴを連発し、満足してしまった様子。そろそろ潮も上がってきたので、アジを狙いに常夜灯の下へ行くと言って移動した。

私はロックフィッシュ狙いを続けていく。ボトムでセイゴ、中層のスイミングでセイゴ、表層直下でセイゴ、ロングキャストもセイゴ、そしてマイクロメバルとロックフィッシュのロの字も出ない。

真冬のナイトライトゲーム釣行でカサゴにメバルにセイゴが連発【三重・四日市港】セイゴは歳末セール中だった(提供:週刊つりニュース中部版APC・松田久史)

ボトムバンプでカサゴ

上から下までセイゴの大群で、他の魚の立ち入るスキがない。いい加減他の魚も釣りたくなってきた。ジグヘッドを1.5gにして、ボトムバンプで誘うとヒット。ようやく顔を見せてくれたのはカサゴだ。

同じパターンで数匹追加するが、サイズも数も今ひとつ。そろそろ撤収か……。

真冬のナイトライトゲーム釣行でカサゴにメバルにセイゴが連発【三重・四日市港】ボトムでヒットしたカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松田久史)

次のページで最後の締めにグッドなセイゴがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。