磯でのブッコミ&フカセ釣り満喫【鹿児島・甑島】 クロにアカハタを手中

磯でのブッコミ&フカセ釣り満喫【鹿児島・甑島】 クロにアカハタを手中

甑島里(鹿児島県薩摩川内市)も冬磯シーズン真っ只中。底物のアカハタは終盤を迎え、上物のクロが活発になってきた。12月20日に釣行した時の様子をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

里の磯の釣況

里の磯は例年12月ごろまでは底物のアカハタやイシ物が釣れるが、今年は早くもペースダウン。ただし、ポイントによっては、まだ望めそう。一方、上物のクロは日増しに釣果が上向き、数、型ともに好調だ。

磯でのブッコミ&フカセ釣り満喫【鹿児島・甑島】 クロにアカハタを手中上甑島広域略図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

二刀流釣法

この日は午前6時前に里港近くの地磯に渡った。夜明けごろはブッコミでアカハタを狙い、日が高くなってから、フカセでクロを釣る二刀流だ。

ブッコミ1投目でアカハタ

まずはブッコミを試した。ハリは強固で刺さりのいい石鯛ワイヤーを選択。水温が下がり、アカハタは浅場にはいないと予想し、深ダナを探る。キヒナゴをエサに18mほどのタナを攻めると、1投目からサオが曲がった。狙い的中だ。リールを力強く巻き、浮かせたのはキロ級のアカハタだった。

アタリは続き、300~600gのアカハタを連打。小型はリリースし、良型だけをクーラーに収めた。

磯でのブッコミ&フカセ釣り満喫【鹿児島・甑島】 クロにアカハタを手中キャッチしたアカハタ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで後半のフカセ釣りの模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。