コマセ釣りで38cm頭に船中トップ40尾【千葉・増栄丸】 今後は大型狙い好機

コマセ釣りで38cm頭に船中トップ40尾【千葉・増栄丸】 今後は大型狙い好機

12月11日(日)、増栄丸から出船。まずまずの釣果が上がり、良型混じりでハナダイをばっちり確保できた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

増栄丸でハナダイ釣り

外房片貝沖では、当地の一番人気であるハナダイが絶好調。トップが規定数の50尾に達する日が多く、少なくても10~30尾くらいの数釣りを楽しめる。お正月の祝い膳に欠かせない尾頭付きに最適な30cm級が多く、年末にかけてはこれを目当ての釣り人も少なくない。

本命はもちろん、コマセ釣りとなればゲストも多彩。マダイ、ウマヅラ、メバルにイシダイ、イナダやカンパチ、さらに高級魚マハタも交じるとあってうれしい限りだ。

まだ暗い5時半に、熱田正二船長の操船で出港。穏やかなナギの海上をポイントへ進み、竿入れの6時半までスタンバイ。

仕掛けはハリスが2号2.5m、ハリはウイリー3本と空バリ1本にオキアミ。竿は30号負荷の2.1m。狙う水深は23~14mくらいなので、手巻きリールで十分だ。

船長の指示ダナは23~17m。当日は深くて23m、浅くて20mからの指示が出た。幅が4~6mあるので、いかに早く食いの立つシャクリのパターンと当たりダナを見つけるかが、好釣果への決め手となる。

30cm超えハナダイ続々

最初のポイントは、たまにポツンといった状態で、しばらくして移動。今度は22mからの指示。50cm幅で探ると、20mでガツンときた。上がってきたのは30cm超とまずまずのサイズ。

いいポイントに入ったのか、船中のあちらこちらで竿が小気味よく曲がる。手のひら級から30cm超が多いようだ。たまに小型もくるが、今後の楽しみのためにリリース。

右舷ミヨシ2番の片貝寿秀さん(佐倉市)は、釣り歴30年。名前が名前だけに、昔から片貝によく通うらしく、ハナダイ、ヒラメ、イサキと、当地で狙う魚種には特別愛着があるという。誘いが決まり、良型ハナダイを連発していた。

コマセ釣りで38cm頭に船中トップ40尾【千葉・増栄丸】 今後は大型狙い好機増栄丸でヒットしたハナダイ(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

左舷トモ2番の井上和久さん(厚木市)は、いろいろな釣りをするが、「型のいいのが揃って、数が釣れるのが一番の魅力です」と、遠路はるばる来る意義は十分と、この日も数を揃えていた。

ゲストにイシダイも

コマセには、高級魚も寄ってくる。右舷トモ2番の曽我満さん(松戸市)はイシダイをゲット。

コマセ釣りで38cm頭に船中トップ40尾【千葉・増栄丸】 今後は大型狙い好機増栄丸でイシダイゲット(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

右トモの橋本昌彦さん(白井市)、トモ3番の中田信さん(葛飾区)と3人での釣行だが、古くからの釣り仲間で片貝や飯岡方面によく通うという。「釣りは楽しく」がモットーで、何でも釣れて引きが味わえれば最高と、終始笑顔満開で楽しそうだった。

コマセ釣りで38cm頭に船中トップ40尾【千葉・増栄丸】 今後は大型狙い好機増栄丸でハナダイ手中(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページで最終釣果はトップ40尾!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。