堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来

堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来

12月4日の午前中はオフショアフィッシングを楽しみ、午後2時すぎから三重県・大紀町の錦漁港でアジ釣りを楽しんできた。錦漁港の堤防では、すでに多くのアジ釣りの人でにぎわっている。午後3時ごろ、空いている場所を探して釣りを開始した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

錦漁港でサビキ釣り

周りの釣り人を見ていると、アジの釣れるポイントが沖のカケアガリなので、うきまろ遠投サビキの仕掛けを準備する。ウキ下を5mほど取り、カゴにアミエビを入れて第1投。エサのアミエビが出るようにサオを1回あおって誘うが、反応がない。アジが寄ってくるまではしばらくの辛抱のようだ。

堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

同じポイントにサビキを打ち返す。少し離れた所では、ポツリポツリだがアジが上がっている。だが私にはなかなかアタリがない。もう少し深い所にアジがいるのかもと、ウキ下を底ギリギリの深めに設定してみることにした。

するとようやくウキがピョコピョコ動きアタリ。だがアジにしては引きが強い。釣れたのはヘダイだ。その後もアタリは続くが、フグやヘダイが釣れて本命のアジが釣れない。難しいなぁと思っていると、ようやく15cmほどのアジが釣れた。

23cm頭に入れ食いタイム突入

その後はアジが集まり始めたみたいで、へダイ交じりだが15~18cmのアジがポツリポツリと釣れてくるようになった。だが釣れても単発で、ダブルやトリプルがない。もう少しして夕マヅメになれば、もっと集まってくるかもしれない。

堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来錦漁港で夕マヅメにアジ入れ食い(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

そして午後4時を過ぎ薄暗くなり始めた。すると、アジの夕食タイムがきたようで、入れ食いモード突入。予想通りだ。仕掛け投入と同時にアタリがあり、ウキが沈むとダブルありトリプルで入れ食いが止まらない。

型も少し大きいのが交じり、最大は23cm。20cmオーバーも目立っていた。

堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来錦漁港で上がった23cm良型アジ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

1時間ほど入れ食いを楽しみ、日が沈んで暗くなってきた。ちょうどアミエビもなくなったので、午後5時に終了とした。

アジ料理フルコースを堪能

2時間ほどの釣りだったが、アジ爆釣でとても楽しめた。釣れたアジは南蛮漬け、骨せんべい、刺し身、アジフライとフルコースでいただき、とてもおいしかった。

堤防サビキ釣りで23cm頭に良型アジ入れ食い【三重・錦漁港】 夕マヅメに時合い到来錦漁港での釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

サビキ釣りはそれほど難しくないし、比較的簡単にアジやサバ、イワシなどが釣れる。道具もそれほど高額ではなくお手軽にできるので、これから釣りを始めたい人にもオススメだ。ファミリーやカップルで楽しめるので、ぜひ釣行してほしい。

ただし、漁港で釣る際は釣り禁止エリアや駐車スペースに注意し、作業している漁師さんの邪魔にならないようにすること。またゴミは絶対捨てないで、各自で持ち帰るようにしよう。

<週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
錦漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年12月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。