夜の漁港でヒイカゲームに初挑戦【愛知】 エサ釣りは不発もエギングで本命ゲット

夜の漁港でヒイカゲームに初挑戦【愛知】 エサ釣りは不発もエギングで本命ゲット

ヒイカのメッカ、愛知県半田市の半田港に行ってきた。ヒイカ初挑戦の今回はエサ釣りとエギングの二刀流で挑み、念願の本命を手中した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・千田哲也)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

半田港でヒイカ釣り

12月5日の未明、愛知県半田市の半田港にヒイカ釣りに出かけた。巷(ちまた)はワールドカップでのクロアチアとの試合の観戦のため、外出せずにテレビに夢中になっているなか、情報を聞いてサッカーよりヒイカと思い出かけた。当日現地には午後8時ごろに到着。

到着するとヒイカのメッカの半田港のはずが、釣り人がとても少ない。サッカー観戦でいないのか、釣れていないのか。不安がよぎる。

事前情報では入るスペースがないほどで、日没前から場所取りしていると聞いていた。しかし現場はガラガラ。未明に雨予報で、また10時が干潮ということもあるのかもしれない。

夜の漁港でヒイカゲームに初挑戦【愛知】 エサ釣りは不発もエギングで本命ゲット釣り場に人はまばらだった(提供:週刊つりニュース中部版APC・千田哲也)

エサ釣りとエギングの二刀流

昼間にエサのモエビを買ったエサ店で聞いた情報では、半田港は最近ヒイカが渋いらしい。それでも昨年からヒイカ釣りに行きたくて道具や情報を仕入れていたが、機会を失っていた。念願かなって行く機会が得られたし渋いのも承知だ。

先客に情報を聞くと、やはり渋いらしい。その中でイカを釣り上げた人もいた。早速道具の準備を始める。

今回はエサ釣りとエギングの二刀流で挑む。まずはエギのサオを用意。試しに投げてみる。タナは分からない。シャクり方は何が正解か分からない。取りあえずやってみるが釣れない。

次にエサ釣りの準備。タナは干潮ということで浅めにした。モエビをハリに刺し、海へ投入してみる。電気ウキの反応はない。情報では電気ウキの動きは微妙とのこと。微妙とはどんなものなのかも分からない。

エギにヒイカヒット

時間がたってもどちらのサオにも変化もなく、1匹も釣れない。サッカーの開始時間になり試合経過も気になるが、こちらはイカの動向も気になる。

サッカーの試合は後半戦に入り、日本が同点に追いつかれたころ、エギをシャクってフォールを繰り返していると、海中にスミが漂っている。あれっと思いつつ、もう一度シャクってみるとなんか重い。もしかして釣れたのかと思い、リールを巻き上げてみるとエギにヒイカがついていた。

夜の漁港でヒイカゲームに初挑戦【愛知】 エサ釣りは不発もエギングで本命ゲット念願のヒイカはエギにヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・千田哲也)

次のページで釣れたイカを沖漬けに

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。