磯でのルアーシーバスゲームで70cm本命【福井・越前海岸】 サラシ狙い撃ちでヒット

磯でのルアーシーバスゲームで70cm本命【福井・越前海岸】 サラシ狙い撃ちでヒット

冬の北西風が吹いたらいざ出陣。通い慣れた福井県・越前町の越前海岸へ、磯場のシーバスを狙い釣行してきた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大佑)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

越前海岸で磯シーバス釣り

天気予報で西高東低の冬型の天気図を見ると、ついつい日本海側へ車を走らせたくなる。これからの季節、日本海側は波が高くなる日が多くなってきて、面白くなってくるのが磯場でのシーバスだ。

波高予報を見て釣行したのは12月上旬。フィールドは通い慣れた福井県・越前町の越前海岸だ。当日の波高予想は1.5mと、磯場でシーバスフィッシングをするにはいいコンデイションだ。

フィールドに着いて海岸線を眺めてみると、予報よりも波が低いながらも磯場一帯にはサラシが広がっていた。シーバスはこのサラシの下でベイトを狙っている。サラシがあると警戒感が薄れ、日中でも海岸線のシャロー帯でルアーを使ってシーバスを狙える。

磯場の装備アイテム

周りはすでに明るくなってきて、焦る気持ちを抑えながら準備に取りかかる。この釣りは磯場での釣りになるので、濡れた磯場でも滑りにくいフェルトスパイク底のシューズを愛用している。

また磯歩きの際に、岩をつかんだりすることもあるので、グローブもあった方がいい。もちろんライフジャケットは絶対着用する。

磯でのルアーシーバスゲームで70cm本命【福井・越前海岸】 サラシ狙い撃ちでヒット当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大佑)

ポイント選び

荷物は最小限にして、足を使って魚を広範囲に探すことが、良い釣果につながることが多い。

ポイントに着いて、いきなりルアーを投げ入れることはせずに、まずは全体的に地形の把握、波や風の当たり方を確認する。

根掛かりなどのトラブルを防止したり、安全に釣りをしたりするうえでも重要だ。

磯でのルアーシーバスゲームで70cm本命【福井・越前海岸】 サラシ狙い撃ちでヒット当日使用したタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大佑)

柱状節理が織り成す越前海岸

当日はそれほど波が高くなく、時折やって来るウネリにより足元に薄いサラシが形成されていた。こういう場合は地形も利用して、魚が隠れているであろう岩場のスリットも合わせて狙っていく。

越前海岸には、柱状節理と呼ばれる規則正しい柱のような岩場があり、地上に出ている岩の形から水中の地形も予測しやすい。

磯でのルアーシーバスゲームで70cm本命【福井・越前海岸】 サラシ狙い撃ちでヒットサラシが広がる越前海岸(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大佑)

しばらくランガンして良さそうなポイントを探っていくと、薄いサラシの中でコツンとルアーをついばむようなアタリがあったが、残念ながらフックに乗せることはできなかった。貴重なバイトなだけに残念だったが、気を取り直して次から次へとポイントを探っていく。

複雑な地形を歩いているので足が疲れるが、転ばないように時折休憩を挟みながらランガンを繰り返す。

次のページで価値ある70cmシーバスをキャッチ!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。