船カワハギ釣行:本命ツ抜け達成!多彩なゲストも【愛知県・石川丸】

9月後半、愛知県・南知多町師崎港石川丸にカワハギ狙いで乗船した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

福江沖からスタート

当日のタックル

第8石川丸の左舷ミヨシから3番目に釣り座を構え、フグも好調で船中ではカットウ釣りで狙う人もいるようだが、私はカワハギがメインのエサ釣り。そして、いつものカワハギ用タックルをセットし準備OKだ。

午前6時に20人の釣り人を乗せて出船して、航程20分でポイントの福江沖に到着して、エサのアサリをハリに刺してスタンバイOK。

船長から、「水深は5m。根があるので根掛かりに注意して、準備できた人からやってください」とのアナウンスがあり釣り開始となった。

早々に1尾目

仕掛けを投入すると1~2秒で着底し、すぐにイトフケを取って海底の様子を探ってみる。1m前後根の上で、仕掛けがゴリゴリこすれる感じが伝わってくる。たるませると根掛かりしそうなので、常に糸を張った状態でたたきを入れてアタリを待った。

コンコンと外道のアタリがあるので、たたきを速くしてエサが取られないようにしてから、1~2秒ぐらい止めてアタリを待つ。すると、思い通りにコツコツとカワハギがエサを取っているのが分かり、ハリをくわえた瞬間にアワせるとヒット。

手のひらサイズを上げて一安心した。