上越エリアのタイラバ釣行で3kg級筆頭に良型『落ち真鯛』が連発

上越エリアのタイラバ釣行で3kg級筆頭に良型『落ち真鯛』が連発

真鯛の聖地・新潟上越のタイラバゲームで良型落ち真鯛が連発した釣行をレポートする。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

Avatar photo
宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

秋も真鯛釣りの好機

上越地方の落ち真鯛の釣果が好調だ。当地の真鯛は周年いつでも狙うことができるが、秋は、春の乗っ込みシーズンに匹敵する絶好機である。厳しい冬に備えて真鯛が荒食いし深場に移動する。また、この時期の真鯛は数釣りが狙えるとも言われるが、上越では数だけではなく型も期待できる。釣法は、餌釣りのコマセ真鯛釣りはもちろんのこと、タイラバやジギングなどのルアー釣りも好調だ。

子丸で真鯛&青物リレー釣り

11月最後の週末、筆者は釣友とともに能生漁港で今年開業した子丸を予約した。子丸はこの海域では希少な少人数制の遊漁船で、乗合のほか、リーズナブルな金額でチャーターできるのも魅力だ。今回は好調の真鯛と走りの青物の二兎をリレーで狙わせていただいた。

上越エリアのタイラバ釣行で3kg級筆頭に良型『落ち真鯛』が連発利用した子丸(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

タイラバ釣りからスタート

当初筆者のターゲットは11月末から12月初旬に群れが回遊してくる走りの寒ブリだったのだが、直前の船長の情報によるとまだブリやワラサの大きな群れはあまり海域に入ってきていないようだとのことで、最近好調のタイラバとのリレーを提案いただいた。

この日は朝方こそ寒かったが、晴れ間ものぞく日中は暑さを感じるほどの小春日和だった。5時30分ごろ出船。「最初は、確実なタイラバからやりましょうか」と船長。朗らかでやさしい口調ながら、「確実」と言い切るあたり、船長のタイラバへの強い自信が垣間見えて頼もしい。

上越エリアのタイラバ釣行で3kg級筆頭に良型『落ち真鯛』が連発釣り場風景(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

1投目で3kg級真鯛キャッチ!

6時30分ごろ、最初のポイントでスタートフィッシング。水深約120m。事前の船長の情報を元に150gのタイラバヘッドから落としてみる。着底後リールを遅めに20mくらい巻き上げては再びフォールし底を取り直す。タイラバを落としなおすたびにラインがほどよく出ていく好みのパターン。

3回落とし直してラインは200m近くも出た。ゆっくりめにリールを巻いているとモゾモゾとヒット。重量感ある手応えとときどきアタマを振るような感触に真鯛を確信。

3kg級良型顔出し

慎重にやりとりし、ときどきゆるめのドラグを出される感覚を楽しむ。浮上したのは3kg近い良型真鯛。船長の『確実』の言葉通り、1投目の3フォールで早くも本命真鯛ゲット。

上越エリアのタイラバ釣行で3kg級筆頭に良型『落ち真鯛』が連発早々に良型手中(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

次のページで良型ばかりが連続ヒット!