エギング&ライトロック釣行で両本命手中 風がある時のひと工夫とは?

エギング&ライトロック釣行で両本命手中 風がある時のひと工夫とは?

今回は時折白波が立つほどの風が吹き付ける中でのエギング&ライトロック釣行となりました。限られた休みに、毎回釣りやすい条件に恵まれるとは限りません。そんな悪条件でも私なりに試行錯誤して、釣りをしてみた模様をお届けします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター金子賢太)

金子賢太

ロックフィッシュをメインターゲットに、チヌやイカ、アジ釣り等を自分なりに分析しながら、楽しんでいます。よろしくお願い致します。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況と対応

釣行日は10月30日(日)。佐伯市蒲江町の釣り場についたのは13時ごろでした。この日は微風の中、時折強風が吹く条件でした。風は釣りを難しくしますが、特に海底を感じなければいけない魚種の釣りにとっては、かなりのマイナス要因です。

風攻略はイトの操作が重要

この風の中でも釣果を出すには、イトの操作がとても重要です。投げた仕掛けが着水した地点と自分がいる地点を結んだ線と実際のイトが一致するようにすること。簡単なようで、風が強くなるほどに難しい。

エギング&ライトロック釣行で両本命手中 風がある時のひと工夫とは?当日の風の状況(提供:TSURINEWSライター金子賢太)

タックル

この日はイカもターゲットにしつつ、ロックフィッシュにも切りかえ可能なスタイル。メバリングロッドに、2000番のリール、ラインはPEライン0.2号、リーダーは4lb。イカ釣りはメバリングタックル並みに細仕掛けでやるのが私流です。

チェイスありチャンス

そろそろ、イカを釣りたいなと、思ってはいたものの釣れない日々。しかし、今回はアクションをつけていると、小さいながらチェイスがありました。その後もキャストするたびに、追っかけてくる。こんなときはチャンスです。

小型のイカがヒット

好みのアクションと何もしない間を与えることで、釣果に一歩ずつ近づけます。キャストを繰り返し、ヒット。小さいながら釣るまでの時間を楽しませてもらいました。その後はチェイスもなくなり、風の中のエギングは難易度が高いために粘らずに、ターゲットをロックフィッシュに変更。

エギング&ライトロック釣行で両本命手中 風がある時のひと工夫とは?小型ながらアオリイカを手中(提供:TSURINEWSライター金子賢太)

次のページでライトロックゲームの模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。