天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ

だんだん秋らしい季節となり、日中気温が25度に達しない日が増えてきた。身の回りでも少しずつショア青物の話が出てきたこともあって、青物とアオリイカ2本立てで天草へ向かった。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

Avatar photo
野口 昭伸【上天草市公式釣り人】

【上天草市公式釣り人】熊本県を中心に、エサ・ルアー、ショア・オフショア問わず多魚種を狙っています。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

天草下島を一周

まずは牛深下須島各港を一通り見て回った。しかしもうすでに朝10時。青物らしい気配無し。黒田の岸壁ではアジサビキで豆アジが釣れていた。次に茂串港に行ってみたが、釣り客は既に撤退済み。渋そうだった。ここではエギすら投げず移動した。このあと魚貫へ移動した。

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ牛深下須島を訪れた時は干潮だった(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

魚貫海岸一帯ではボラが盛んに跳ねていただけだった。このまま時計回りに天草下島を移動。高浜港へ向かった。湾内には、トウゴロウイワシやカマスらしき姿があった。しかしフィッシュイーターは見当たらず。

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリボラが跳ねていた魚貫(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

ラストは通詞島へ

「ここで最後だ」と通詞島へ移動。相かわらずトウゴロウイワシが多い。鯉にエサをあげている時のような騒ぎようだった。通詞島はヤエン客が居るため、そもそも日中のエギングは分が悪い。やっぱり釣れず14時には納竿となった。半日動いて回り、往復300km+下島一周100km以上移動。釣果は秋イカ1杯だけという残念な結果に終わった。

今後の展望

今日の釣果は牛深の秋イカ1杯のみだった。可能性のある場所を探して下島一周してしまったが、小潮のせいかダメだった。せめてもの贖罪の気持ちで各港の様子をレポートした。

通詞島、高浜港、牛深一帯は特にトウゴロウイワシが多く、期待度は高かった。釣り客の話によると、どの港にも共通して朝イチだけ青物が寄っているらしい。次回はサビキと泳がせ支度をして天草へ向かおうと心に決めた。

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ雰囲気はよくても潮は流れていなかった(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

<野口昭伸/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。