【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ

福岡県から沖のエサ釣り最新釣果情報が入った。エビラバで84cm大ダイ、テンヤで50cm超えアコウなど良型浮上。ほかカワハギ釣りでは今が旬の肝パンのお土産を確保した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:昭隆丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

EBISUYA

11月6日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、「四季EBIカップ・テンヤ大会」を開催し、響灘に出船。優勝は3尾合計7.55kgの西川さん(写真)。マダイ好調で、ほか乗船者にも良型が揃い船上も賑わった。今後も型、数ともに期待でき、楽しみだ。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイテンヤ大会で3尾合計7.55kg(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

新漁丸

11月3日、北九州市小倉西港の新漁丸は、響灘に沖五目釣りで出船。タイラバでは、マダイ8kg超えを頭に好ヒット。胴突き仕掛けにも、アコウやタカバなど高級根魚が多数釣れた。レンコ、イトヨリも良型が多い。夜焚きイカも募集中。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイタイラバでマダイ8kg手中(提供:新漁丸)
▼この釣り船について
新漁丸
出船場所:小倉西港

朝日丸

11月7日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の朝日丸が玄界灘の沖五目釣りに出船すると、船中ではアマダイ2尾、レンコ1人30~50尾、アオナ2kg頭に30尾、タカバ4尾、イトヨリ40尾、アラカブ6尾、ネリゴなど多魚種を交えクーラー満タン。依然として手堅い好釣果が上がっている。落とし込みも青物主体に好調。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ沖五目でアマダイヒット(提供:朝日丸)
▼この釣り船について
朝日丸
出船場所:鐘崎港

新生丸

11月6日、福岡県福津市津屋崎港から新生丸が玄界灘の沖の五目釣りに出船。アコウ2kgオーバーを釣る人3、4尾に1kgオーバーは数キープ。タカバやアラカブ1.5kgクラスも交じっており、良型レンコダイは「数釣ろうと思えばいくらでも」でクーラーの中も土産沢山。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ沖五目でキャッチ(提供:新生丸)
▼この釣り船について
新生丸
出船場所:津屋崎港

海神丸

11月3日、福岡県福津市津屋崎港から海神丸が津屋崎沖のアジ泳がせ釣りの試し釣りに出船。アコウ主体に釣れてヒラメ2kg交じり。大型魚のバラシもあり、今後に期待。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ泳がせ釣りでアコウ主体にヒット(提供:海神丸)
▼この釣り船について
海神丸
出船場所:津屋崎漁港

松丸

11月5日、福岡市中央区伊崎漁港から松丸が玄界灘のエビラバ・テンヤ釣りに出船。テンヤで釣り上げられたのは53cm3.8kgのアコウ。マダイは船中で2~3kgを頭に足裏サイズまで20~30尾。アコウ、アラカブなども交じって釣果はにぎやか。12月からはブリジギングにも出船を予定。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイテンヤで上がった50cm超えアコウ(提供:松丸)
▼この釣り船について
松丸
出船場所:伊崎漁港

金比羅丸/弘漁港

11月3日、福岡市東区志賀島の弘漁港から金比羅丸/弘漁港が玄界灘のカワハギ釣りに出船。肝が大きくなる冬季が食べてもおいしくて旬。エサ取り名人で名高いカワハギはゲーム性の高い釣りターゲットとしても知られている。船長は「難易度高い分、肝パンで食べておいしい、今が旬の魚ですね。1人10~15尾。ゲストにショウサイフグも交じって楽しんで頂けました」とのこと。また、11月~12月はイシダイ釣り、イサキ狙いフカセ釣りプランも募集中とのこと。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイ玄界灘で釣れた良型カワハギ(提供:金比羅丸/弘漁港)
▼この釣り船について
金比羅丸/弘漁港
出船場所:弘漁港

昭隆丸

11月6日、福岡市西区の姪浜漁港から昭隆丸で水原さんが玄界灘のエビラバに釣行。アオナやレンコダイがぽつぽつと釣れている中、突然、ガツン!の衝撃でサオが大きく曲がり、慎重にやり取りして大ダイが海面に浮上。タモで丁寧に取り込まれたのは84cm8kgの大ダイで、大いに喜んだ。

【福岡】船のエサ釣り最新釣果 エビラバ&テンヤで8kg超えマダイエビラバで84cm8kg大ダイ(提供:昭隆丸)
▼この釣り船について
昭隆丸
出船場所:姪浜漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年11月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。