天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ

だんだん秋らしい季節となり、日中気温が25度に達しない日が増えてきた。身の回りでも少しずつショア青物の話が出てきたこともあって、青物とアオリイカ2本立てで天草へ向かった。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

野口昭伸

熊本県を中心に、エサ・ルアー、ショア・オフショア問わず多魚種を狙っています。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

通詞島でエギング釣行

11月3日の朝2時から天草下島入り。まずは通詞島でエギングをすることにした。しかし一帯は4m以上の北風。寒さもあって2時間しか粘れず撤退となった。トウゴロウイワシの群れがあったので期待感はあったが、日の出の青物を狙うために通詞島に見切りをつけ、移動した。

タックル

今回の青物タックルは、BlueSniper 106H Plug Special、ツインパワー8000HG、PE4号、リーダー100LBのセッティング。

エギングタックルは、Mebius 86M、セフィアCI4+ C3000SDHHG、PEライン0.8号、リーダー2号のセッティングで挑んだ。

日の出前の青物は不発

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリ日の出からは青物狙い(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

日の出前からは下島東側各港~牛深港までをランガンした。朝イチの雰囲気はまずまずで、どこもイワシがボイルしていた。カマスを泳がせていた釣り客がブリ5本釣っているのを目撃。俄然モチベーションは高鳴る。が、私を含めたルアー組には一切アタリがない。

イワシのサイズが小さかったため、クリア系のルアーに変更。ラピードF130ボラからモンスターショット125クリアにかえた。それでもダメなのでアクションを速巻きなどかえてみるがダメ。しまいにはクジラのようにジャンプして背打ちするイルカに遭遇。「こりゃいかんな…」結局トップ青物は不発だった。

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリラピードF130からモンスターショット125に変更(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

エギングで秋イカ登場

日が完全に出て以降、仕方なくエギングに切りかえた。

1投目から目視可能な水深に秋イカのチェイスが。警戒しているようだったがしっかりとフォールさせると元気よくエギを持って行ったのでアワせる!元気はいいが秋イカサイズである。

リリース直後から風も収まって釣りやすくなった。が、ここではこれ以降チェイスもなくなってしまった。「天草はまだまだポイントがたくさんある。」住んでいたからこそ分かる。天草はどこにでもチャンスがある地域である。ここも見切って移動することにした。

天草下島一周ランガン釣行で秋イカと対面 泳がせ釣りにはブリキャッチした秋イカ(提供:TSURINEWSライター野口昭伸)

次のページで天草下島一周ランガンの模様を紹介!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。