ウタセ五目釣りで小型マダイにへダイが連発 8魚種釣果に満足

ウタセ五目釣りで小型マダイにへダイが連発 8魚種釣果に満足

10月20日、愛知県・南知多町片名港の忠栄丸に、釣友の神谷さんとウタセ五目で乗船した。午前5時30分に出船し、40分ほどで伊良湖沖に到着。早速準備に入る。仕掛けはハリス3号の3本バリで、オモリは船中統一の60号。元気なウタセエビを選び、尾を切って尻掛けで浅くハリに刺す。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・生田英樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸でウタセ五目釣り

船長から「水深10~15m。根掛かりも多いので注意してやって」との合図で開始となった。オモリが着底したらすぐ底を切り、仕掛けが張ったところでゆっくりサオ先を下げ、オモリを置くようにしてアタリを待つ。

ウタセ五目釣りで小型マダイにへダイが連発 8魚種釣果に満足タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・生田英樹)

しばらくしてサオ先が小さく引き込まれ、少し待つとゴンゴンと力強いアタリ。すかさずアワせるとハリ掛かり。18cmほどのヘダイを上げた。小型でも引きは抜群で、サオ先を激しく持ち込むので気分は最高だ。

続いて小刻みなアタリが出たので、シャクリを入れてアワせたものの、空振り。2~3度同じような状況が続いたので、小さなアタリが出ても我慢して待った。すると大きなアタリが出て20cmの小ダイが上がる。その後もゆっくり待つ釣法が正解で、小ダイやヘダイ、カサゴなどがポツポツと姿を見せてくれた。

上げ潮で爆釣タイム開始

8時ごろに潮が上がり始めると、活性が一気に上がり爆釣が始まった。着底と同時にゴンゴンとサオが大きく弧を描き、海面に出たのはメバル30cm。次も着底した後にゆっくり持ち上げると、ククッとしたアタリが出て重い。上がったのは28cmの特大カサゴだ。

ヘダイも順調に姿を見せる。神谷さんは神妙な顔つきのサオさばきで、シマ模様が鮮やかなサンバソウ30cm。しかも連続でサンバソウ25cmを上げる。他の釣り人も次々にサンバソウを釣り上げるが、なぜか私だけカヤの外だ。

ウタセ五目釣りで小型マダイにへダイが連発 8魚種釣果に満足ウタセ五目でサンバソウゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・生田英樹)

しかし別の魚の良型が見舞いに来た。コツコツと絡むアタリ。我慢して待つとゴンと引っ張り込んだ。上げる途中でも突っ込み、カワハギ29cmが登場。そしてハタ科のキジハタ26cmも上がり、アタリがあるたび何が掛かっているか楽しみだ。

ウタセ五目釣りで小型マダイにへダイが連発 8魚種釣果に満足忠栄丸で釣れた大型カワハギ(提供:週刊つりニュース中部版APC・生田英樹)

ヘダイ&小ダイ絶好調

そして上り潮が速くなり、アタリも止まったのでポイント移動。篠島前で再開すると、すぐにゴンとアタリで小ダイ25cmが上がる。その後も頑張って小ダイの数を伸ばして納竿となった。

私の釣果は小ダイ25cmまで14匹、ヘダイ18~23cm11匹、カワハギ3匹、カサゴ10匹、キュウセン3匹、メバル30cm、キジハタ26cm、キス22cmだった。

<週刊つりニュース中部版APC・生田英樹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。