山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍

今年も数々のワカサギ製品が発売された。そのなかで注目の外部電源専用の超軽量電動リールモデルほか各種アイテムを手に、鈴木誠さんが山梨・山中湖のつちやボートのドーム船から釣行。密着取材した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

山中湖でワカサギ釣り

10月24日(月)6時すぎ、同店桟橋前に到着。船頭の平田勝則さんの案内でドーム船に荷物を置き、6時半に受け付け。平日にもかかわらず8人のワカサギファンが乗船。7時に桟橋を離れる。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍ドーム船内の様子(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

航程10分で到着したのは、大池沖水深12mライン。アンカリングされ、7時17分に「どうぞ」のアナウンスで開始。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

当日の天候は雲り時どき雨で、北東の風が強くなる予報。ドーム船なので雨の心配はなく、船内は暖かくて快適だ。

新発売の電動リールで挑む

鈴木さんは、新発売の外部電源専用ワカサギ電動リール「クリスティア ワカサギ AIR」の2台使い。穂先は「クリスティア ワカサギ 先調子 SS」の34Sをセレクト。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍スタート時のタックル(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

仕掛けは「快適ワカサギ仕掛けSS定番」の7本バリ。ハリス長は右にノーマルと左にロング。ハリ1号、オモリ「クリスティア ワカサギシンカー TG DR-R」5gでスタート。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍内蔵電池式(上)よりもコンパクトな新モデル(下)(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

エサは紅サシを3分の1にカット。水深は12mで、底から1mあたりに魚探の反応が出ている。小刻みな誘いで早々に3点掛け。中層にも群れが入ることがあり、魚探を見ながら手探りでタナを変える。

1尾1尾着実に数を伸ばす

マイクロサイズも釣れたので、利き手(右)の仕掛けをハリス長ノーマルからフロロカーボンラインのロングハリスタイプでハリ0.5号に交換。追い食いを待っているとバレてしまうので、鈴木さんはアタったら待たずに巻き上げて1尾1尾ていねいに拾っていく。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍2本竿で基本姿勢(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

どのタナも大小交じりで釣れてくる。アタリを拾ってもバラシが多いので、オモリを6gにチェンジして調整。仕掛けに張りを持たせるためだ。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍置き竿での名人誘いも効果的(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

利き手のリールにオプションの新製品「クリスティア ワカサギ ふんばるレッグ プレートロング」を装着。置き竿での安定感が増し、搭載機能のひとつ「名人誘い」を入れて効果を見せてもらうと、魚が掛かるのを確認。少し小休止する際にも便利だ。

早々に100尾超え

9時を回り、新発売のカウンター付き小物入れ「クリスティア ワカサギ 快適小物ホルダー」のカウンター数は118。このころになると、雨が強まり、船頭の平田さんによると水温は17度。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍大小サイズが交じった(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

鈴木さんは今期の新製品についてこう語る。「『クリスティア ワカサギ AIR』は82gと軽いので、手感度がさらにアップしてマイクロサイズも掛けやすい。1本竿の手持ちでじっくり誘って釣るのにも、この軽さなら疲れないですね。手の小さい女性でもつかみやすいのでオススメです。電池も大容量なので、水深が深い釣り場でも一日フル稼働で安心して使用できます」。

山中湖ドームワカサギ釣りで600尾 コンパクト&軽量電動リールが活躍穂先を選ぶ(提供:週刊つりニュース関東版 岩下和弘)

次のページで後半ペースアップし600尾キャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。