関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫

関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫

都心に一番近い外房と言われる片貝。高速を利用すれば約1時間半と、日帰りの観光や釣りなどマリンレジャーにはうってつけの場所だ。広大な九十九里浜の海岸で、太平洋の雄大さを存分に満喫できるだろう。「せっかく海に来たのだから釣りでも」という人には、関東最大級の海の釣り堀である九十九里海釣りセンターがオススメ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

九十九里海釣りセンターで五目釣り

魚釣りが初めてという人でも、ここでは心配無用。道具からエサ、氷に発泡クーラーまですべて完備されており、釣り方がわからなければ、凄腕のスタッフが教えてくれる。

また、同センターはたくさんの魚種を放流することで知られている。メインはマダイだが、活発にエサを追う1kg以下のクラスを大放流。さらに、豪快な引きを見せる青物も魅力で、現在はワカシからイナダ、イナワラ、ワラサ、ブリと、大小交じりで放流中。オーナーの話では15t仕入れたということで、しばらくは青物三昧を楽しめそうだ。

10月29日(土)も、朝イチと途中放流の際は、まさに入れ食い状態。園内のあちらこちらで竿が曲がり、多くの人が強烈な引きを堪能していた。

千葉市の高嶋陸くん(9歳)は、ワラサ2尾とマダイ5尾をゲット。お父さんの力を借りず、一人ですべて釣り上げた。

関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫一人で上げた青物(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

柏市の大塚礼慈くん(10歳)も、お父さんの力を借りずにワラサ2尾。

関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫ワラサ2尾が上がった(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

マダイ&青物にイシダイも登場

成田市の子安隆さんは、デカイ魚を釣りたい一心で来場。まさに念願叶う釣果に笑顔満開。

関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫青物&マダイ手中(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

東村山市の藤山一家3人は、全員が1尾ずつワラサをゲット。お母さんは高級魚イシダイまで釣り上げ、夜は魚一色の豪華晩餐になりそう。

関東最大級の陸上型海水釣り堀でブリ族大量放流中 家族や仲間と満喫高級魚イシダイも交じった(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページで珍ターゲットのイセエビキャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。