東京湾カヤックフィッシングで79cm頭シーバス連発 大型プラグにヒット

東京湾カヤックフィッシングで79cm頭シーバス連発 大型プラグにヒット

11月初め、東京湾最奥部にてカヤックフィッシング。10月はボウズ続きで意気消沈気味であったが、今日こそはと意気込んで夜明けとともに出艇。久しぶりにワクワクするほどシーバス達の反応があったので、その模様をレポートする。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター福永正博)

福永正博

横浜在住。東京湾でカヤックシーバスをメインに、季節や天候により色々な魚を狙っています。読んだ方がワクワクするような記事を目指します!

×閉じる

船釣り シーカヤック

東京湾奥カヤックシーバス釣行

例年、10月頃から東京湾の最奥部でのカヤックシーバスゲームは本格的にシーズンインする。休日ともなれば、出艇場所に10艇以上のカヤックが日の出を待っている光景も珍しくない。どのアングラーも、数・サイズともに狙える秋の爆釣を期待しているのだ。筆者も去年の10月に、ランカーサイズを含む1日20匹以上の釣果を何度か得ている。

今秋の傾向

ところが、今年は10月半ばを過ぎてもあまりいい話を聞かない。釣り場でカヤックアングラーに話を聞いてみても、アタリすら無かったとか、1匹釣るのがやっとだとか、かなり渋い状況。ベイトはそれなりにいてもシーバスがいない雰囲気であった。

使用タックル

タックルは2セット準備した。ルアーウェイト1ozまで用に1本と、2ozクラスのビッグプラグ用にもう1本の組み合わせ。

東京湾カヤックフィッシングで79cm頭シーバス連発 大型プラグにヒット当日のタックル(提供:TSURINEWSライター福永正博)

おだやかなスタート

釣行当日は快晴。風・波ともに弱くカヤック日和。ボラが所々で跳ねている以外はボイルや鳥山なども無いなか、沖に向かって漕いでいく。このエリアは、岸から1km以上離れても水深1m台の広大な干潟。バイブレーションとトップウォーターで探りを入れながら2kmほど漕ぎ、水深2m地点を目指すも反応なし。

東京湾カヤックフィッシングで79cm頭シーバス連発 大型プラグにヒット穏やかな海(提供:TSURINEWSライター福永正博)

大型ポッパーにバイト!

日が昇り海はベタ凪になり、アタリもなく、今日もダメかと少々あきらめムードが漂う。そこで気晴らしに、先日手に入れたばかりの大型ポッパー、エアラコブラ160の動きでも見てみるかと適当にキャスト。

ボコンボコンとアクションさせていると、突然バシャッと水面を割る豪快なバイト!しかし、ルアーは弾き飛ばされて宙を舞いフッキングせず…!直後に追い食いもしてきたが、これも誤爆…!完全に油断していたので、突然のアタックに心臓はバクバクだ。

次のページで当日最大79cmシーバスが堂々浮上!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。