落とし込み釣りで100cm・8.2kgヒラマサ登場 ネリゴも連発

落とし込み釣りで100cm・8.2kgヒラマサ登場 ネリゴも連発

10月9日、佐賀県伊万里市・久原港から出ている寿風(よしかぜ)で最盛期の落とし込み釣りを楽しんで来た。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

今季最大1m8.2kg手中

同船では船長の奥さんが仲乗りとしてサポートしてくれるので、残り10mになるとサオ受けにサオを固定してタモ入れを行う。タモに入ったのは今季最大サイズのヒラマサだった!久しぶりの大本命に手足が震えた。同船したメンバーらにも拍手を貰え、この時点で私は満足の釣行となった。

落とし込み釣りで100cm・8.2kgヒラマサ登場 ネリゴも連発大マサを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

港に戻り本命のサイズと重さを測定すると、ジャスト100cmで8.2kgの大マサ。喜びが再びこみ上げてきた。

新鮮な刺し身を堪能

落とし込み釣りも最盛期に入り、海の中はかなり賑やかになっている。シーズン後半戦も最大サイズ更新を目標に、どんどん海へ足を運ぶつもりだ。

落とし込み釣りで100cm・8.2kgヒラマサ登場 ネリゴも連発ネリゴの刺し身(提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

釣れたネリゴ、ヒラマサは刺し身で食べたが脂が乗っている割にあっさりとした味で、家族にも大好評だった。皆さんにも落とし込み釣りの醍醐味をぜひ体験してみてほしい。

<週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
寿風
出船場所:久原港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年10月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。