今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】

埼玉県入間郡越生町にある黒山三滝付近を源流とし、比企郡川島町で入間川と合流する越辺川。近年放流はされていないが魚影は濃く、竿を出せるポイントも少なくない。今回紹介するのは川越市と比企郡川島町の境を流れる落合橋の下流。ドボン釣りになるが夏場から秋、そして冬期でも狙えるのが特徴だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

Avatar photo TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り方とエサ

両岸ともにドボン釣りがメインとなるが、右岸の護岸帯の上流部はワンドになっていて流れが弱い。ただし水深が極端に浅いため、春先の乗っ込み期や夏場に大雨で増水した時だけ狙えるポイント。右岸に関していうと、150mほどの護岸には幅12mほどの3つの階段状の護岸があり、上流側から2番目の階段護岸から下流がポイントとなる。

短い竿は掛かりがあるので、15尺以上を推奨する。もちろん長ければ長いほどいい時もあるが、冬季でも21尺竿まで用意しておけばいいだろう。

ちなみに左岸に関しては場所によって根掛かりがあるが、竿の長さによって解消できるポイントがある。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】タックル図(作図:週刊へらニュース APC・若松恵治)

タックルは個人的な意見だが、ドボン釣りの時は太目を使うようにしている。よほど食いが渋くなければ太い仕掛けでもウキの動きが出るし、いきなり竿ツンのようなアタリもある。そのため、太いほうが安心だ。

普段は道糸1.5号にハリス0.8号を基本とし、細くても道糸1号にハリス0.5号くらいまで。

夏場は両ダンゴを基本としていたが、渋い時はグルテンセットがいい。もちろん、冬季は両グルテンでもいい。

通常時なら流れは弱く、オモリは0.8号ほどで十分止まる。ウキもカンザシウキでなくてもいい。ただし、流れが強い時はカンザシウキが使いやすいので、用意しておくといい。

<週刊へらニュース 週刊へらニュース APC・若松恵治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
越辺川
入釣料:¥400(現場徴収)、釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース版』2022年10月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。