今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】

埼玉県入間郡越生町にある黒山三滝付近を源流とし、比企郡川島町で入間川と合流する越辺川。近年放流はされていないが魚影は濃く、竿を出せるポイントも少なくない。今回紹介するのは川越市と比企郡川島町の境を流れる落合橋の下流。ドボン釣りになるが夏場から秋、そして冬期でも狙えるのが特徴だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

越辺川の概況とポイント

落合橋から500mほど下流にある堰までが今回紹介するポイント。堰のすぐ手前で小畔川と合流する。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】概況図(作図:週刊へらニュース APC・若松恵治)

右岸左岸と両岸から狙えるが、特に魚影が濃いのは堰に近いポイント。右岸の護岸帯は足場がしっかりしているので入釣しやすい。流れ川なので釣り方が通し釣り、いわゆるドボン釣りがメインになる。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】右岸護岸帯の上流部(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

他のポイントだとジャミが多く釣りにならいことがある。だが、堰近くのポイントは魚影が濃いためかヘラの活性が高ければ夏場がもっとも数は釣れた。もちろん、秋も面白い。

水深は深い所でも2m弱。竿は冬季でも21尺くらいまで用意しておけば十分だろう。護岸帯は手前に掛かりがあるため、短すぎる竿はお勧めできない。冬季は季節風に弱いので、そのような時は左岸がいい。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】左岸の入釣者(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

同場所は橋の直下から堰の手前まで、比較的釣り台を設置できる場所が多い。ポイントによっては、北の強風でも釣りができる。もちろん真冬はオデコも覚悟となるが、正面から太陽を受け、ポカポカと暖かい。よって冬期でも気持ちよく竿を振れる。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・越辺川】小畔川との合流部(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

釣れるサイズは尺上から35cmくらいまでがメインだが、40上や時には尺半サイズが釣れることもある。

注意点

釣り台は必携。右岸は道幅が狭いので車の止め方にも配慮してほしい。当然ながらゴミは必ず持ち帰り、釣り場の存続のために協力してほしい。

次のページで越辺川の釣り方とエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。