玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ

玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ

9月23日、福岡県宗像市・大島の明生丸(豊福船長)で玄界灘の沖五目釣りに釣行した。なかなか魚が口を使わず苦戦したが、美味しい根魚をお土産にできた釣りの模様をリポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

明生丸で沖五目釣り

9月23日、福岡県宗像市・大島の明生丸(豊福船長)で玄界灘の沖五目釣りに釣行した。メンバーは永尾さん、西田さん、山田さん、白垣さんだ。

船は午前5時すぎに神湊港に入り、釣り座が決まるとすぐに出船。ポイントは沖ノ島が見える場所で、仕掛けの準備ができたら釣り開始。私は根魚を狙う。

玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

1投目に1.5kgアオナ

1投目、根魚狙いなのでアタリがでてもすぐにアワセをせず、サオ先を持っていくまで待ってリールを巻き上げるとサオに乗った。良い引きで上がってきたのはアオナ1.5kg級とレンコだった。

白垣さんのサオにはアオナ500g級が釣れていて、エサを聞くとイカの切り身に食ってきたとのこと。

玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ西田さんもアオナを手中に(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

レンコの群れが小さいのですぐに移動して釣り再開。2投目でもアタリがでて上がってきたのはタカバ1kg級だった。

使用したエサhttps://tsurinews.jp/219147/b

根魚用のエサも少ないので、ある分だけを使っての釣りで、3投目でも投入するとすぐにアタリがでて根魚が釣れた。

仕掛けの一番下のハリにはアマダイ用にミミイカ、下から2番目は根魚用のエサ、上には冷凍エビを使った。

玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ永尾さんにきたタカバ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

この日は台風後の釣りで、よく釣れるのではと期待をしていたのだが、底潮がどうもおかしく仕掛けが絡んでしまう。海底で仕掛けが絡むのは二枚潮ではないかと思われる。

最終釣果

その後、魚探には群れの反応が出てくるがなかなか魚が口を使わないので、誘い上げてみるがこれもダメ。船長も移動して別の群れを探して釣ってみるものの、ここでも口を使はない。

午後1時をすぎたころ、魚の食いも悪くなり納竿となった。釣果は船全体でアオナ8尾、タカバ5尾、イトヨリ4尾、レンコ1人10尾だった。

玄界灘の沖五目釣りでタカバにアオナに美味なハタ類をキャッチ白垣さんにイトヨリがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

<週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣船について
明生丸
出船場所:神湊港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。