名古屋港ナイトルアーシーバス釣行 ボイル狙い撃ち小型ながら本命3匹

名古屋港ナイトルアーシーバス釣行 ボイル狙い撃ち小型ながら本命3匹

10月5日、名古屋港エリアにシーバス調査に出かけた。この日は大型には恵まれなかったが、久しぶりの名港シーバス釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松啓輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港でルアーシーバス釣り

10月5日、名古屋港エリアにシーバス調査に出かけた様子をレポートしたい。

この日は夕方まで仕事があり、そのついでにサオ出ししようとタックルを車に積んでの釣行だ。潮回りは午後3時42分満潮で、干潮は午後9時29分の長潮。現地へは5時30分ごろに到着したため、下げ3分といったところか。

シーバス狙いの潮回りとしては、決していいとは言えない状況。チャンスはあると言い聞かせて薄暗くなるころに現地へエントリーした。この場所は橋脚やライトが絡む一級ポイントなのだが、シーバスアングラーの姿は周りに見られない。

当日のタックル

用意したタックルは8ftのシーバスロッドに2000番のスピニングリール。ラインPEラインは0.6号、リーダーはフロロカーボンラインの10lbを1.5mつないで、ルアーはカウントダウン70mmをチョイス。

ずいぶん古いミノーだが、思い入れのあるミノーなのでなんとかこれで釣果を、と願いを込めてキャスト開始した。

橋脚や明暗部をめがけてテンポよくミノーを通していくが、アタリはさっぱりだ。そのうち小さなシーバスと思わしきボイルがポツポツと見られるが、ミノーにアタックしてくるシーバスは現れない。

ここはおとなしく実績のあるルアーへチェンジ。取り出したルアーはローリングベイト55のゴールドレッドだ。

名古屋港ナイトルアーシーバス釣行 ボイル狙い撃ち小型ながら本命3匹2匹を釣り上げたローリングベイト(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松啓輔)

ローリングベイトでセイゴ

ボイルのある場所を何度か通すと、何かが触った。ボイルしているためなるべく上のレンジを通すべく、今度はキャスト後にサオを立て気味にして、水面近くを引いてみる。

するとサオ先にココッと小さなアタリ。反射的にアワせると20cmのかわいいシーバスが釣れてくれた。やはり実績のあるローリングベイトは、さすがのひと言。記念撮影を済ませてポイントを見ると、まだボイルが続いている。

名古屋港ナイトルアーシーバス釣行 ボイル狙い撃ち小型ながら本命3匹1匹目のセイゴクラスのシーバス(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松啓輔)

次のページで再びローリングベイトでシーバス追加!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。