ちょっと変わったコバンザメの生態 エコな暮らしで最大1mまで巨大化?

ちょっと変わったコバンザメの生態 エコな暮らしで最大1mまで巨大化?

秋から冬の磯釣りでよく見かけるコバンザメ。真っ黒な魚体に、「くねくねとした動き」は、どうも苦手だ。しかし食べてみると、かなり美味しいという。今回はコバンザメの生態に迫ってみた。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 サカナ研究所

コバンザメとは

コバンザメとは文字通り小判(吸盤)を持った魚で、やや暖かい海ならどこにでもいるという。回遊ルートが決まっているようで、サンゴ礁が豊かな海域を選ぶ。時季になると磯近くまで寄ってきて、磯からのフカセ釣りでたまに掛かる。「サメ」の名前が付いているものの、スズキの仲間だそう。よく釣れるサイズは40cm前後だが、最大で1mほどになる。

釣れるシーズン

釣れるシーズンは秋から冬。九州地方では春も見かける。水温で言えば18~24℃で、中層から表層を泳ぐ。底潮が冷たい春は表層にいることも多く、素バリを引いた際、スレで掛かることもある。

習性

習性として最も知られるのは大型魚にくっついて泳ぐこと。頭に吸盤のようなものがあり、自分よりも大きい魚にくっ付いて移動。体力の消耗をおさえるうえ、大型魚のおこぼれまで食べる?エコ〟な暮らしをしながら、巨大化していくと言われる。

釣れる場所

釣れる場所は潮通しのいい沖磯。アラやイシダイのポイントにいることが多く、近くに海溝や深場があるところを好むようだ。

ちょっと変わったコバンザメの生態 エコな暮らしで最大1mまで巨大化?フカセ釣りでたまにハリ掛かりする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

白身で美味しい?

最後は食について。食べた人の話によると、「白身でコリコリして、くせがない。煮ても焼いても美味しい」そうだ。

人間社会にも「コバンザメ商法」や「コバンザメのように賢く生きろ」などという言葉がある。コバンザメを少しは見習いたいものだ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。