イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?

イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?

上げの中潮初日に福岡県糸島市・岐志漁港の昭栄丸で、夜焚きイカ釣りからのイカ泳がせ釣りに行って来ました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

昭栄丸でイカ泳がせ釣り

午後10時すぎに港に到着、夜も更けた時間からの釣りは初めてなのでドキドキしながら準備をします。11時に昭栄丸が港に到着、荷物を乗せて出船です。

イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

まずはエサのイカを釣る水深30mほどのポイントに到着。イカメタルで狙いましたが、ウネリがあり、仕掛けを安定させることができません。アタリも小さくすぐに離してしまうのでなかなか乗りません。

ここでイカを調達できなければ泳がせもできないので、必死にイカの小さいアタリをとらえていきます。トンッとアタリを感じた瞬時にフッキング、グイーンとイカ特有の引きを楽しみます。

イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?まずはエサのイカをキープ(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

小さいアタリをとらえつつ、なんとか20尾キープしてイケスに入れてもらいます。

大本命アラ(クエ)18kg浮上

午前3時からしばらく仮眠していると、船長が「明るくなってきたよ」と声を掛けてくれました。慌てて起きてタックルを準備し、泳がせの仕掛けにイカをつけてすぐに落とします。着底を感じラインを少し巻いているとガクガクとしたアタリを感じます。

イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

慌てて電動リールをフル回転させ巻き上げようとしますが、サオが海中に吸い込まれそうなほどしなり、ガンガンとアタリが伝わりラインが出されます。電動リールがギュンギュンと悲鳴を上げながらも、なんとか上がってきたのは大本命!アラ18kgに船上では歓声が上がりました。

イカ泳がせ釣りで18kgクエに120cmヒラマサ ビギナーズラック発揮?丸々としたアラ(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

次のページで120cmヒラマサ登場&アラ追釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。