今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉・三島湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉・三島湖】

日に何百杯も湖面にヘラ釣りの舟が浮かんでいたころが懐かしい千葉県君津市にある三島湖。今でこそブラックバス釣りの舟が目立つ姿へと変貌したが、湖水には今も元気にヘラが泳いでいる。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 棚網久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

三島湖の概況

とくに近年は良型が多く、日に数枚は40cmオーバーが顔を見せる。かつてほどの放流量がないため数釣りは難しいが、一日やって飽きない程度のアタリはもらえる。難易度はかなり高いが挑戦しがいのある釣り場だ。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉・三島湖】釣り場概況図(作図:週刊へらニュース 棚網久)

初秋は台風や長雨などで雨量が多くダムサイトの工事を中断しているようだが、今後雨量が減れば水位を工事可能なラインまで下げるらしい。現況では一日に10cm程度の下げだが、今後湖面面積が縮小すれば、一日に30cmなど大幅な下げになることも考えられる。逆に雨が降れば下げ幅は減るだろう。

ほぼ下げ一方の水位ではあるが釣況は意外にも安定している。大釣りはないが日に30枚前後で、いい時は40枚超などもあり十分に楽しめる。ただし、日曜日の豚小屋下など人災が加わると釣果は平日の半分程度になる。

ポイント

とくにこだわりがなければ、桟橋から至近の豚小屋下がベストだ。居着きの魚が多いうえ良型も多く集まっている。ただし旧看板前よりも下流は、あまりよくない。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉・三島湖】ともゑ桟橋(提供:週刊へらニュース 棚網久)

多少でも舟を漕いでもいいのなら鳥小屋下が面白い。豚小屋下ほど混雑しないので人災の影響を受けにくい。

底釣りなら三ツ沢中央ロープが舟宿スタッフのイチオシだ。とくに上流側から数えて一つ目のブイ周辺は実績がある。

釣り方とエサ

三島湖の釣り方とエサを紹介しよう。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【千葉・三島湖】タックル図(作図:週刊へらニュース 棚網久)

宙釣り

豚小屋下、鳥小屋下、桟橋など普段からよくエサ打ちされているエリアであれば、釣れる釣れないは別にしてウキは動く。問題は混雑、つまりは人災だ。以下は人災のありなしでの釣り方例を考えてみたい。

人災なしの場合

竿10~13尺でタナはチョウチン。エサは両ダンゴ。竿は同じで浅ダナを狙う手もあるが、スレた魚が多くひと筋縄ではいかない。仮にセットで狙うならウドンセットがいいだろう。

人災ありの場合

タナはチョウチン一択。竿は12尺前後で始めて、アタリが遠ければ15~18尺まで伸ばしてみよう。エサは両ダンゴからスタートして、決めアタリを出すのが難しいのであればトロ巻きセットを試してみよう。タックルとエサ例は別図。

両ダンゴ

エサがぶら下がってからアタってくるのなら、タナも作りやすくエサ合わせもそれほど難しくない。長くないハリスとパイプトップを使って、しっかりナジませるように釣っていけば、どこかで答えが見つかるだろう。

しかし、三島湖の魚はそうたやすくないのが現実だ。エサ慣れした魚がとても多く、エサが漂っている間にしか反応してこないことが多い。

漂う=エサの落下途中あるいはあおられてエサが舞い上がる。考えられるのはこの2点なので、どちらで好反応を示すかを試してみよう。いずれにしてもハリスが張らないうちのアタリを取ることになるので、小さな動きもアタリと判別できるようにウキはグラスもしくはPCのムクトップを使いたい。ハリスも長めがいいだろう。

問題はハリだが、動かすことだけを考えるなら小型軽量がベスト。ただし、ハリを小さくしてしまうとエサ持ちが悪くなる。自分が使うであろうエサを難なく持たせられる限界点があると思われるので、そのギリギリを使ってみてはどうだろうか。お勧めはリフト。

底釣り

同湖で安定的にアタリを出したいなら底釣りが断然有利だ。ただし、それもこれも底の状態次第。ガチャガチャな底ではかえってアタリが出にくく、また根掛かりなどで釣りにならないこともある。よって通い慣れた人向きの釣り方となってしまうが、もしそういう底が見つけられるのであれば試してみる価値はある。その場合、エサは両ダンゴでいいだろう。配合例はダンゴの底釣り芯華、同夏、バラケマッハが各100㏄+水100㏄で調整は手水とペレ道。

なお釣り方やエサを問わず、0.5号以下のハリスは使わないほうがいい。同湖の魚は大きく引きも強いので、これ以上細いと切られるリスクが高まる。

<週刊へらニュース 棚網久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
三島湖
舟代:¥3000、放流バッジ所持者は¥2500
この記事は『週刊へらニュース』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。