堤防カワハギ釣りで本命9尾と快釣 シーズン序盤もすでに『肝パン』

堤防カワハギ釣りで本命9尾と快釣 シーズン序盤もすでに『肝パン』

赤崎港(熊本県上天草市)の堤防カワハギ釣りがシーズンを迎えた。まだ型は小さいものの、「肝入り」は上々だ。9月14日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

アタリ頻繁

アタリは頻繁に出始めたものの、ベラやヘダイなどのゲスト魚ばかり。時期尚早が頭をよぎった時だった。穂先に僅かな魚信。仕掛けを回収すると、エサがきれいにない。どうやら本命が寄ってきたようだ。

ここで手数を増やすと、再び小さなアタリ。間髪を入れずに軽くアワセを入れ、サオにのせた。横走りしたあとに姿を見せたのは手のひら大のカワハギだった。

堤防カワハギ釣りで本命9尾と快釣 シーズン序盤もすでに『肝パン』キャッチしたカワハギ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

足裏サイズ交じりで好釣

その後も同じパターンで数を重ねた。全体的に小ぶりだが肝入りがいいうえ、たまに足裏サイズも交じる。さらにアタリは続き、2桁釣果が見えてきた。

しかし、気温も急上昇。まだまだ釣れる感はあったものの、午前9時すぎに最終釣果9尾にて納竿した。

当たり年!?

現地のカワハギは、まだ始まったばかり。序盤から肝が大きいのには驚きだ。今年は当たり年かもしれない。

堤防カワハギ釣りで本命9尾と快釣 シーズン序盤もすでに『肝パン』当日の釣果(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
赤崎港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。